複雑すぎるマイクロチップの世界

1

スマホやデジカメに入っているマイクロチップの世界。これは90年台のCPUだそうです。

1枚目はデジカメで撮影されており、2枚目から電子顕微鏡にチェンジ。白黒になります。

スポンサーリンク

 

左下に見えるのが1mmスケール。

2

 

どんどん拡大していって一瞬見えるのが60microns。0.06mm。

3

 

ここで0.001mmに届いてナノの世界へ。このCPUは4層だそうで配線がクロスしているのが見えます。

4

 

最後は最新のトランジスタの大きさである20ナノを示しています。

5

 

今は12層のCPUもあるそうで、既に人が設計してるとは思えないレベルなんですが、遺伝的アルゴリズムとかで大半はプログラムで設計してるんでしょうか。日々何気なく使っているPCですが、凄まじい世界であります。

 

 

 

スポンサーリンク