天才ドイツ職人による仕掛け家具

2

18世紀ドイツの職人によるギミック満載の仕掛け家具『The Roentgens’ Berlin Secretary Cabinet』。鍵を回したりボタンを押すと隠し扉が開きます。楽しげ。

当然ですが動力は電気ではなく、机の裏にある重石のようです。最後の譜面台?はガシャンガシャンとまるでアイアンマンみたい。小学生の頃にこんな筆箱が流行りました。

スポンサーリンク

 

4

 

5

 

6

 

7

 

9

 

 

 

スポンサーリンク