WEB開発の高速道路

a

今週は新しいサイト立ち上げということでWEB開発をしてた。日頃から細かな修正でHTMLやCSS、JSは触ってはいるが、0から組み立てるのは久しぶり。設計どーしようと色々考えてた。

20年ちかく前に初めてHTMLでサイトを組んで以来、tableデザインから始まり、CSSが登場し、JSが見直され、jQueryやbootstrapが登場し、レスポンシブでモバイルファーストと、ずいぶんサイトの作り方も変化してきた。いまのところ個人的にはPHPからHTMLを出力するスタイルに落ち着いてる。

スポンサーリンク

 

最近はbootstrapで骨格を作る事が多いけど、画一的なデザインになりやすいデメリットはあるものの、とっても楽。ちょっとアイコン欲しいなと思ったらFont Awesome入れればいいし、フォント変えたかったらGoogle Web Fontsで一撃。昔は全て画像で処理してたのに。

今回は初めてNetBeansを導入したのも手伝って、あらためて最近のWEB開発のツールの充実ぶり、凄いなぁと。もう完全にレールが敷かれててプラモデルみたい。決められた場所にパラメータを与えるだけ的な。いわゆる高速道路は凄いが料金所で大渋滞ってやつで、誰でも作れちゃうようなWEBサービスにアクセスないのは必然だよなと、引き締まります。

便利になって、その上でどう戦うか。試行錯誤するしかないですね。

 

 

スポンサーリンク