Googleモバイル対応で盲点だった点

top

Google検索において、4月21日より、サイトのモバイル対応が検索結果に影響するアルゴリズムが導入されます。そのため運営サイトのモバイル対応を行いました。このアルゴリズム導入は2月27日に発表されていました。Google ウェブマスター向け公式ブログ

運営しているサイトにもモバイルからの閲覧が増えていることは認知していましたが、優先度的にデザイン・リニューアルは後回しになっていました。しかしSEOに影響がでるのであれば対応しないわけにはいきません。

スポンサーリンク

 

モバイル対応の方法

モバイル対応ということは、デザインをレスポンシブにしたり、モバイル用のデザインを新規で作るということですが、具体的にGoogleはどこを見てモバイル対応済と判断するのか。そこが分からないと対応も曖昧なものになってしまいます。

そのため特に急いで対策はせず、アルゴリズムの影響力や対応策が出揃うまでは様子見した方がいいかとも感じていましたが、先日からウェブマスターツールが警告を出してくれるようになりました。こんな感じで。

http://plusblog.jp/ でモバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました

ウェブマスターツールでは、さらにエラーの詳細と対応方法も教えてくれます。

  1. コンテンツのサイズがビューポートに対応していません
  2. タップ要素同士が近すぎます
  3. Flash が使用されています

これで具体的な対応を進めることができます。

 

実際の対応

plusblogのWPテーマは自作したものですが、モバイル用のデザインは既に用意してあるので、警告が出たのは意外でした。しかも問題のあるページは2000ページ超え。デザインはそれなりにユーザビリティを意識した作りで自信もあったので、Google先生はかなり厳しい採点なんだねとガクブルでしたが、問題は他にありました。

plusblog.jpの場合

警告の原因は、ロボットがCSSを読めないようにrobots.txtを設定していた為でした。

以前はコンテンツのみを効率よくクロールしてもらう為に、cssやjsファイル等の非コンテンツなファイルはクロールさせないようDisallowにしていました。相対的にコンテンツ価値を高める意図がありました。

しかし近年のロボットは正確性を高める為にcssやjsも認識しているわけで、このSEOテクニックはすでに過去の物という事になります。

robots.txtを修正し、ウェブマスターツールでテストした所、問題はなくなりました。

2009年から運用しているサイトA

こちらのサイトではCMSは使っておらず完全に自作フレームだったので、モバイルからのアクセスはmobile.cssを読むようにPHPを修正、そしてモバイル用デザインを新規に作成。

フレームの設計が構造的だったので、cssの追加のみでモバイル対応できました。

今回のアルゴリズムがどの程度SEOに影響を及ぼすかは分かりませんが、ウェブマスターツールで表示されるエラーに関しては全て対応しておいて間違いありません。

数年単位で運営しているサイトの場合、私のように過去のSEOテクニックをもとにrobots.txtを記述している場合もありえると思うので、今回の新アルゴリズムへの対応は、サイト全体のメンテナンスとしても良い機会になるかもです。

 

 

スポンサーリンク