Mac仮想化ソフトならVirtualBox

v

メイン環境をXPからMacに移行して1年ほど立ちますが、「Windowsのあのソフトが使いたい」と思うことが多々あります。そこでOSXからWindowsソフトが使える仮想化ソフトについて。

結論的に私はVirtualBoxを使っています。VirtualBoxはフリーなので「どうせ重いかな?」と思っていましたが、実用的な速度と共に使いやすくてビックリしました。オススメです。

 

Macの仮想化ソフト

VMwareとかParallelsとか仮想化ソフトの選択肢を比較してみます。

Boot Camp

Macの標準機能なので無料。HDDをWindows用にパーティション切ってインストールする。Mac起動時にOSXもしくはWindowsを選んで起動。つまりOSXとWindowsを同時に使えないが、Macの性能をフルに使える。

VMware Fusion

VMware Fusion 7 – ¥7,890

Parallels Desktop

Parallels Desktop 10 for Mac Retail Box JP – ¥6,618

Macで定番の仮想化ソフトといえばVMwareかParallels Desktop。OSX上でWindowsを動かせる。どちらも評価が高いが、安定のVMware、ゲームに強いParallelsという感じか。有料だけあって使い勝手・性能共に素晴らしいが、OSXをアップグレードすると動かなくなり追加費用が必要になる場合がある。

VirtualBox

OSX上でWindowsを動かせる。フリー。フリーではあるが充分に使いやすく安定している。シビアに処理速度や描画性能を求める必要がないのなら充分。

OSX上でWindowsを使うのでなければBoot Campが最適だが、使い勝手を考えると、やはりOSX上から使いたい。

有料の仮想化ソフト2本は試用してみると分かるが、簡単手軽にWindowsソフトが動くので驚く。しかしOSXのアップグレードってわりと頻繁にあるし、その度にバージョンアップ料金が発生するのは、美味しいビジネスとは思うが、ユーザーとしては微妙。

VirtualBoxの使い勝手に大きな問題があるのならVMwareかParallelsからの選択になるが、 VirtualBoxを最初に試すべきだし、性能も申し分ないので、ほとんどの用途に耐える気もする。

 

VirtualBox インストール

インストールは簡単。ダウンロードページは英語だが、インストール後は日本語に対応してる。

  1. ダウンロード

    Oracle VM VirtualBox – Downloads | Oracle Technology Network | Oracle

  2. dmgイメージがダウンロードできたらインストーラーに従う。

  3. VirtualBoxに限らないが、WindowsのインストールDVDを用意しておくこと。isoファイルで構わない。

インストール自体は他のMacアプリと違いはないので戸惑うことはないと思う。次はVirtualBoxを立ち上げ、仮想PCの設定、Windowsをインストールする。この仮想PCの設定がハードに詳しくない方には煩わしく感じるかもしれない。

 

VirtualBox 使い方

  1. 起動するとVirtualBoxマネージャーが表示される。VirtualBoxは複数の仮想PCを管理できるので、そのためのマネージャーだ。ここで新規をクリックすれば仮想PCを作成できる。

  2. 最初にインストールするOSを選択。

    1

  3. 仮想PCの設定は後から変更できるのでビビることはない。メモリとかHDD容量を適当に設定していけばよい。Macの性能や動かすソフトによって最適な値は変わるが、よく分からなければデフォルト値でも構わないだろう。

  4. 仮想PCができたら起動してみよう。Biosのブート画面が表示された後、OSがインストールされていないので

    FATAL: No bootable medium found! System halted.
    なんて表示される。あとは普通のWindowsマシンと同じ要領でセットアップしていく。

  5. 設定→ストレージから、CD/DVDドライブにisoファイルを指定できるので、そこに用意しておいたWindowsのインストールDVDを指定する。もう一度起動すればWindowsのインストールが始まるはずだ。

私のMacはmini Late2012 メモリ16GB。仮想PCのスペックは、メモリ512Mと10GBの可変サイズのストレージにXPをインストールしたが、充分に高速だった。

 

さらに便利になるGuest Additions

ここまでで特に問題なくWindowsが動いていると思うが、Windows側のデスクトップサイズに不満が残ると思う。自由自在にデスクトップサイズが変更できれば、OSXからも使い勝手が良い。

そこでGuest Additionsも入れておきたい。これは仮想PCにインストールしたWindows側にインストールする。これをインストールしておくと、Mac上の仮想PCのウィンドウサイズを変更したときにWindowsのデスクトップサイズも動的に変更される。ほかにもホストマシンとの時刻の同期や、ハードウェア3Dアクセラレーションのサポートなど、一手間かける価値は充分にある。

インストールは簡単で、メニューのDevicesからGuest Additions CD imageを選べば、Windows側でインストーラーが表示される。

2

3

あとはインストール→再起動。これだけでウィンドウサイズとWindowsのデスクトップサイズが連動する。

 

 

広告