MacのVirtualBoxにWindows 10

top

来月発売されるWindows 10正式版が無料で手に入るとのことなので、MacのVirtualBoxに入れてみました。

無料で手に入れる流れとしては、ISOで公開されているプレビュー版のWindows 10をインストールしておき、さらにプレビュープログラムへの登録時に使ったMicrosoftアカウントと関連付けてあるPCであれば、7月29日から1年間、正式版に無償アップグレードできるようです。

つまり新規インストールで完全無料にWindows 10が手に入るということですが、さすがにそれはない、正式版にアップグレードするにはWindows 7/8.1が必要だろうという情報もあります。

どちらにせよ、メインOSを入れ替えるわけではないのでリスクは特にありません。

スポンサーリンク

 

Windows 10 Insider Preview ISO ダウンロード

ここからWindows Insider Programへの参加とISOファイルをダウンロード。

Windows 10 Insider Preview ISO のダウンロード - Microsoft Windows

ダウンロードしたISOファイルは、日本語64bit版ということで

Windows 10 Insider Preview (x64) - ビルド 10130 (3.77 GB)
でした。

インストールするPCはVMなのでx86(32bit)かも?とすこし悩みましたが、VirtualBoxは64bitに対応してますし、Macも随分前から64bitなのでx64を。

 

VM作成

VirtualBoxのインストールについてはこちら。

 

VMですが、既にWindows 10も用意されています。マシンスペックは適当に。

1

設定→ストレージから、CD/DVDドライブにISOファイルを指定できるので、そこにダウンロードしたISOを指定する。もう一度起動すればインストールが始まります。

 

Windows 10のインストール

何の問題もなくサクサク進みますが、新規インストールなのでここはカスタムを選びます。あえて注意点を上げればそれくらい。

2

3

Windows 10きました。WEBデザイナーを泣かせてきたIEは伝説となり、次期ブラウザは『Microsoft Edge』になるようですが、その開発版の『Project Spartan』が入ってました。

VirtualBoxの使い勝手を飛躍的に向上させるGuest Additionsについては、いまのところWindows 10に対応していないようです。しかしこれは時間の問題かと思われます。

 

結論的に何のトラブルもなくWindows 10のVMが出来ました。

Insider Previewについては「PCに詳しいユーザーを対象としたプレビュー」でかつ、「日常的に使うコンピューターにはインストールしない」という条件もあり、つまり問題あっても全て自己責任でよろしくということで、マカーにとっては、いまのところVMに入れるくらいの距離感が丁度良い気もします。

 

 

スポンサーリンク