ランナーのためのセルフ整体

top

ジョギングしてる人に自分で出来るセルフ整体が良かったです。わたしはジョギングするとふくらはぎに痛みが残る、というか筋肉痛になるので、気がついた時に手でマッサージしてほぐしています。先日特に痛みがひどかった時に、この動画のセルフ整体をやると、すっと痛みがとれました。

動画をアップされている方は鮎川史園さんで、Youtubeに専用チャンネルがあり、そちらでは腰痛バージョンなどランナー以外の動画も見れるので要チェックです。

スポンサーリンク

 

セルフ整体の流れと注意点

大前提

痛みを我慢してやりつづけるなどとにかく無理しない

流れ

  1. ロックした筋肉を見つける。指で筋肉をグリグリ抑えて、痛い、痛気持ちいい、気持ちいい、くすぐったいと感じるところ。
  2. 指を抑えたまま、違和感がなくなるポジションを見つけて90秒。
  3. ゆっくり元の姿勢に戻す。

筋肉の場所によって姿勢が変わってきますが、基本はこれだけ。簡単です。

 

ふくらはぎ内側のセルフ整体

 

ふくらはぎ外側のセルフ整体

 

お尻「中殿筋」のセルフ整体

 

太もも前側「外側広筋」のセルフ整体

 

太もも内側「内転筋」のセルフ整体

 

「大腿筋膜張筋」のセルフ整体

 

「大腰筋」のセルフ整体

 

「前脛骨筋」のセルフ整体

 

鮎川史園 - YouTube

 

 

スポンサーリンク