デザインがいい SONYのラジオ『ICF-51』

radio

SONYのハンディーラジオICF-51のレビューです。お値段は2,000円くらいでした。もともと山用に買ったんだけど、最近は仕事中に聞く時間が増えてきました。電池で動くポータブルラジオは防災グッズとしても持っておきたいアイテムの一つであります。

購入したのは2011年なので4年前ですが、モデルチャンジはしてないので現行機です。ラジオはもう技術的に進化することは少ないでしょうから一生モノになりそう。

スポンサーリンク

 

デザインが決めて

購入する時は他機種とも比較しましたが、この価格帯の性能はどれも似たり寄ったりと感じたので、私にとって決定的になったのはこのデザイン。写真でも分かりますがコンパクトで、白一色にSONYロゴという飽きないデザイン。前面は微妙に湾曲しててかわいい。

使い勝手的には電源が独立してるのが使いやすいです。よく電源とボリュームが一緒になっているラジオがありますが、あれだと毎回音量を決めないとダメですが、これだと電源入れただけでベストセッティングになるので毎日使うのに楽です。

 

音もいい

アマゾンのレビューでも言われていますが、スピーカーで聞く音が良いです。高音がキンキンしてなくて聞き疲れしない感じ。高音質より聞きやすさが求められる製品だと思うので、そのニーズをキチンと満たしてます。

 

電池の持ち

音量次第で前後しますが、カタログ値ではアルカリ電池でFM44時間AM52時間、マンガンでFM19時間AM22時間。私はエネループ+スピーカーで使ってますが40時間くらいでしょうか。それでも私の使用頻度だと何ヶ月か持つので不満はないです。

イヤフォンも使えますが左耳からしか聞こえません。FMもモノラルに変換されます。ステレオよりバッテリー寿命を優先ということでしょう。AM+イヤフォンでさらに音を絞ったら電池寿命はかなり伸びると思うので災害時も安心です。

 

そんなわけでこのSONYのラジオ、長く使える魅力あるラジオです。

 

 

スポンサーリンク