好きな色は何ですか?カラーバスで新発想

色を使って新しいアイデアを発想するツール「カラーバス」をご紹介します。

カラーバスは「オズボーンのチェックリスト」と同じく、考具という本で紹介されている発想法です。 特別な道具は必要ありません。やり方は、ひとつ色を決めて、その色がついている物だけを見るようにします。

スポンサーリンク

例えば、部屋の中で「黄色」だけに着目して周りを見渡してみると、「本、プリンター用紙、はさみ、バナナ、付箋」などが見つかりました。実際にやってみるまで、この5つの言葉は、まったく思いもよりませんでした。

これを街の中でやってみると、さらに思いもよらなかった物が目に飛び込み始めます。カラーバスは色を軸にすることで、新しい視点を手に入れる方法です。昨日と同じ景色でも見る視点を変えることで、まったく新しい発見が見つかります。

本来、カラーバスは考え方の一つなので、いつでもどこでも出来ます。しかし、さっきの黄色の例のように部屋の中でやるには限度があります。そこで、ぷらすぶろぐではWEBアプリでカラーバスを実現してみました。

カラーバスの使い方

特に使い方というものはなく、ただ好きな色をクリックするだけです。

まずはココをクリックして、当サイトのカラーバスを表示させてみてください。色がたくさん表示されています。気に入った色や名前をクリックすると、選んだ色で検索した状態の「Google画像検索」が開きます。これにより検索する前は思いもよらなかった写真と出会う事ができます。

「WEBカラーのみ表示」は、W3Cで規定されているWEBの基本色のみを表示します。バランスよく網羅されており色の名前は英語になっています。そのため世界中の写真が表示されます。

「和色のみ表示」は、日本の伝統色のみ表示されます。こちらは漢字での検索となりますので、日本に特化した写真のみが対象となります。

色相(Hue)、彩度(Saturation)、明度(Value)での並び替えができます。

一度並び替えてみると感覚的に理解できると思いますので、お試しください。

 

 

スポンサーリンク