撮影できる絵本『This Book is a Camera』

1

飛び出る絵本を組み立てて、暗室で付属の大判4×5フィルムを装着。シャッターの紙片を持ち上げて撮影したら再び暗室で現像。白黒写真の出来上がり。すっかりデジカメ一色の時代なので、本質的なカメラの仕組みを知るのに最適な教材になりえそうです。フィルムは5枚入っており、現像液もセットでUS$29。値段設定も魅力的です。

この本は、アドビの『Adobe Creative Residency』というプログラムによって選ばれたKelli Andersonさんのプロデュースです。このプログラムは才能あるアーティストに対して、1年間、様々な援助をするもので、初年度の2015年はたった2人のようで、狭き門ですね。

 

2

3

4

 

Kelli Anderson - This Book is a Camera

 

 

広告