さらに良いのが見つかった!ワードプレス(WP)で人気記事を表示する

人気記事ランキングは読者にとっても有益ですが、人気記事が一目で分かるので運営側のモチベーションにもなります。当ブログでは今まで WP-PostViews を使ってきました。

WP-PostViews は非常にシンプルなプラグインで特別な設定はほとんど必要ありません。必要十分で満足していたのですが、導入から1ヶ月程すると人気記事が変動しなくなり、変化がなくなってしまいました。

スポンサーリンク

それでも本来の目的は達せられているのですが、新しい記事を書いたらパッとランキングを上がってくれたほうが楽しいです。

というわけで、1日や1週間というスパンのランキングを表示させたくなったのですが、残念ながら WP-PostViews では対応できません。

探してみると、さらに高機能な人気記事プラグインでアイキャッチ画像にも対応した

WordPress Popular Posts

が見つかったので、早速導入してみます。

導入&日本語化

ダッシュボードからインストール&有効化を行います。日本語化ファイルが人気記事表示プラグイン『Wordpress Popular Posts』 : DorN-project からダウンロードできます。

ダウンロードした「wordpress-popular-posts-ja.mo」と「wordpress-popular-posts-ja.po」の2つのファイルをプラグイン本体と同じディレクトリに置くだけで日本語表示が可能になります。日本語化ファイルの対応バージョンが若干古かったのですが、特に問題なく動作しました。

主な設定はウィジェットから行います。特に難しい設定はありません。私は1日のランキングをアイキャッチ画像付きで表示することにしました。

左の画像のように表示するCSSは以下のようになります。

/* Twenty Ten のウィジェットエリアのリストマーカーを画像に変更 */
#main .widget-area ul ul{
    list-style: none;
    margin-left: 0;
}

#main .widget-area ul ul li{
    padding-left: 1.3em;
    list-style: none;
    background-image: url(images/listmark.gif);
    background-position: 0 0.6em;
    background-repeat: no-repeat;
}
/* ここまで */

#main .widget-area li.popular-posts ul li{
    background-position: 0 center; /* リストマーカーを中央に */
    position: relative;  /* 閲覧数を画像の上に配置するため */
}

/* リンクテキストを画像の右に表示 */
.popular-posts li span.wpp-post-title{
    float: right;
    width: 215px;
}

/* 閲覧数を画像の上に配置 */
.popular-posts li span.post-stats{
    position: absolute;
    left: 1.3em;
    bottom: 0;
}

Twenty Tenの場合、リストマーカーの位置が気になったので、全てのリストマーカーを画像に変更し、Wordpress Popular Posts のリストマーカー縦位置のみを中央としました。

現在のところ、導入して間がなく十分なデータが取れていないので WP-PostViews と併用して使っていますが、頃合いを見て WordPress Popular Posts だけにする予定です。

この2つのプラグインはアクセスのカウント方法が異なるようで、WP-PostViews の方が数字が上がりやすいです。Google Analyticsと比較してみると、そこまでアクセスは集まっていないようなので、 WordPress Popular Postsの方が正確なカウントをしているようです。

 

 

スポンサーリンク