不気味なストップ・モーション

sinbad

CG全盛の時代において、逆に不気味に感じるストップ・モーションによるアニメーション。1973年の映画『シンドバッド黄金の航海』のワンシーンです。CGならもっとリアルになりますが、このアナログっぽい質感が不気味に感じるのかな?このストップ・モーションはハリーハウゼン氏による特撮ですが、このカーリー像をハリーハウゼン作品のベストに挙げる人も少なくないようです。

スポンサーリンク

 

sinbad2

 

 

 

スポンサーリンク