長く飾れるおしゃれなジグソーパズル15選

部屋の壁に何か飾って、ちょっとおしゃれにしてみたいと思うことありますね。

私もそんな一人ですが、ただあんまりゴテゴテするのもちょっと・・・とずっと手を付けずにいました。でもトイレの壁が寂しかったので、何か良いものはないかとジグソーパズルを探してみました。

 

パズルの選び方

大きさ

私はまず大体ですが大きさを考えました。「壁に飾っても邪魔にならなさそうな大きさ」をざっくりと。今回に限ってはちょっと壁を飾るのが目的だったので、あんまり大きすぎても困るかなと40×50cmくらいを目安に。

ピース数

すぐに出来てもアレだし逆に難しすぎても・・・と、500~1000ピースくらいで考えました。

絵柄

見ていて疲れない、落ち着いた雰囲気の風景画を中心に探してみました。

そして、大きさ38x53cm、500ピースの『ニュージーランドの夜景』に決定!

500ピース ジグソーパズル めざせ! パズルの達人 世界の絶景 南半球の赤いオーロラ-ニュージーランド(38x53cm)

 

パズルを組み立てる

組み立て開始から終了までまる1日。そこから糊を塗って乾かすのに1日。合計2日間で壁に飾ることができました。色も形も似たようなピースがたくさんあって、やりごたえがありました。

パズルの組み立て方

STEP1最初にパズルの外枠部分を見つける

角は2辺に凹凸がなく平らで、側面は1辺だけが平らになってるピース。見つかったら外枠を組み立てて全体の大きさを確認。

STEP2ピースの形で分ける

同じ形のピースごとに分けます。

STEP3ピースの色分け作業

背景の色が似ているパズルも頑張って微妙な色ごとに分ける。特徴のある色があればそれも別に仕分けしておきます。

STEP4組み立て開始

ピース分け作業が終わったら、枠を基点に組み立て開始。分かりやすい特徴的な部分があればそこから組み立てます。

時間を忘れて必死にピースを探して、完成した頃には頭が回らなくてもうヘロヘロ状態。こんなに熱中してたのかとびっくりです。完成したパズルも、しっくり周りに馴染んでくれたのでこれを選んで正解でした。

それでは今回のパズル選びで見つけた、「いつかはやりたい!」パズルをご紹介します。

 

1000ピースおすすめ

めざせパズルの達人 弥彦公園もみじ谷-新潟 (50x75cm)

落ち着きのある和の気分をじっくりと味わえそうなパズル。お家で紅葉が楽しめます。難易度高め。

 

塔の上のラプンツェル Tangled(51×73.5cm)

ディズニーの塔の上のラプンツェルのパズル。夢のある美しい絵柄は絵画のような仕上がりになるので安っぽくなく大人も子供楽しめます。

 

世界極小1000マイクロピース ウィルファー 春待ちうさぎ(26x38cm)

白くてもこもこしたウサギが可愛い。アニマルパワー炸裂で飾ってあると日頃の疲れやカサカサした心をきっと癒してくれるはず。

 

美女と野獣 ボールルームのふたり(51×73.5cm)

見てるとおとぎの世界に行けてしまいそうなくらい綺麗。

 

2000ピースおすすめ

パズルの超達人EX 四つの花 スーパースモールピース(38x53cm)

色合いが美しくおしゃれでインテリアとしても映えそうです。

 

世界極小2000スモールピース ランプライト ヴィレッジ (49x72cm)

全体的に淡く優しい雰囲気。落ち着いた夕暮れが心を落ち着けてくれそう。

 

世界極小2000スモールピース トワイライト モン・サン・ミシェル (49x72cm)

世界遺産のモンサンミッシェルの美しさが際立ちます。

 

3000ピースおすすめ

究極パズルの達人 ウユニ塩湖―ボリビア スモールピース(73x102cm)

死ぬまでに見たい絶景、ユウニ湖のパズル。ほぼ白と青で出来ているのでピース数も相まってかなり苦労しそうです。

 

究極 パズルの達人 桜 スモールピース(73x102cm)

着物も桜もやっぱりとても綺麗なものなんだなとしみじみ思います。

 

究極 パズルの達人 アントニオ・ガウディの作品群III[スペイン] スモールピース(73x102cm)

現物のサグラダファミリアは百年以上かかって造られてるけど、こっちはさすがにもう少し短時間でできるかな・・・。

 

究極パズルの達人 ラッセン ドリームタイム スモールピース (73x102cm)

ラッセンが好きな人も、誰でもその世界を楽しめそうな幻想的な絵柄。

 

変わり種特集

300ピース グレート宇宙パズル2(26x38cm)

全面無地真っ白のパズルでホワイトパズルやミルクパズルと呼ばれてるらしいです。ヒントはパズルの形状だけという超ハイレベルでめちゃくちゃ忍耐を試されるパズル。宇宙飛行士の選抜試験にも使われているとかで、宇宙飛行士は3時間以内で仕上げるらしいです・・・。

 

108ピース 枯山水ジグソーパズル

パズルはピースをあてはめていく先に完成が待ってるというイメージだったんですが、これは組み立てるのは一つのステップで、付属の天然石や芝マットを使ってそこからさらに枯山水を作っていくという渋みを兼ね備えたパズル。自分好みに改造できるのはちょっと楽しそうです。

 

スーパーカミオカンデ 【東京大学宇宙線研究所】

難しすぎて頭を抱える人続出のスーパーカミオカンデのジグゾーパズル。どれがどこだかわからないです。

 

Educa Children’s 33600 Wild Life Puzzle [並行輸入品]

そしてこのパズルがめちゃくちゃすごい。総ピース数なんと33,600ピースという絶対一人で完成できなさそうな超絶巨大なジグソーパズル。はじめは桁を一つ読み間違えたかなと思ってしまいました。でももし、もうちょっといやもっと部屋のスペースがあったら絶対やってみたい!どこに置いておけばいいのかはやっぱりちょっと考えないといけなさそうですが・・・。

 

雑貨などで部屋を飾るのも素敵ですが、ジグソーパズルのように自分で組み立てたものを飾ってみると満足感がでていいものですね。

Photos© Amazon.co.jp

 

 

広告