志茂田景樹のツイート

トレンドbotに志茂田景樹の名前が浮上しており、関連検索ワードをみると「志茂田景樹 死因」の文字。ええっ!?とググると亡くなってはいない様子。ネットでは定期的に死亡説が流れるそうだ。失礼な話ね。

何で話題になっているのか決定的な所はよく分からないが、どうやらツイート内容が素晴らしいので盛り上がっている様子。フォロワーになって早速チェックしてみました。

スポンサーリンク

直木賞作家 志茂田景樹

志茂田景樹(しもだ かげき)というと、カラフルな髪型のロックなおじさんという印象だったが、現在72歳とのことで、もうじーさんという枠に入っている。多くの人にはファンキーな作家さんというタレントとしてのイメージが強いのではないだろうか?

本業はもちろんタレントではなく、あくまで作家。1980年に国鉄職員だった父が北海道に赴任した際に聞いた話をもとに書き上げた「黄色い牙」で直木賞を受賞したそうだ。

もし自分が72歳だとしたら、ツイッターで世間に向かって何をつぶやくのか?何か有意義な事をつぶやけるだろうか?

志茂田景樹のツイートは、人生の先輩として、優しく、140文字を有意義に使ってアドバイスしてくれてる。新宿の母よろしく、ツイッターの父と言っても過言ではない充実ぶり。こんな内容をつぶやけるように年を重ねたいものだ。

最近のツイートから少しだけピックアップして紹介します。実質2週間ほどのつぶやきでこの充実度。フォロー必須です。

twitter: 志茂田景樹 (kagekineko)

 

 

スポンサーリンク