鼻うがいで花粉症対策のススメ

今年から鼻うがいを初めたんだけど、絶大な威力を感じてる。私は元々鼻炎持ちだったのに加え、3年ほど前から花粉症にもなっていた。

それが今年は花粉症の症状が出ていない!先月から始めた鼻うがいが効力を発揮していると見ている。

スポンサーリンク

鼻うがいをした後は鼻通りが良くなるのに加え、匂いを強く感じるので、春の気持ちいい空気を思う存分吸い込める。去年だったら自殺行為。

鼻うがいを始めたのは、今年に入ってから体が弱っていたのか持病の鼻炎がひどく、その対策に始めたのがきっかけ。

鼻うがいについてはググれば情報が沢山でてきますが、参考までに私の方法を。

最初はハナノアで

私は最初、ハナノアから初めてみました。ハナノアは専用液がついてきて一回の使用量も少ないので、初めての鼻うがいにピッタリ。

ハナノアでは鼻から専用液を流しこんで口から出すと書いてありますが、私は口から出せないまま専用液を使い切ってしまいました。

鼻うがいの注意点としては、鼻の中に水がある状態で鼻をかもうとすると、水が耳の方へ行ってしまい中耳炎になる可能性があるようです。 たしかに耳へ水が流れていく感覚があるので、慣れるまで注意しましょう。

ハナノアの専用液は1週間くらいでなくなってしまいましたが、真水では鼻がツーンとしてしまい鼻うがいは出来ません。わざわざ専用液を買うのはもったいないので、私は食塩水で代用しています。

食塩水でバッチリ代用可能

鼻がツーンとする原因は、真水と体液の浸透圧が異なるためで、0.9%の食塩水が体内と同じ浸透圧となります。なので、1リットルで9グラムの食塩を溶かして作ります。

私はハナノアについてくる洗浄器具と500ccのペットボトルを合体させた器具を作り、500ccの水に小さじ一杯(5g)の食塩で、濃度約1%の食塩水を作っています。

ネットで動画を検索すると、水を口から出す人と、反対の鼻の穴から出す人がいます。私はまだ口から出せませんが、十分効果はあります。

口から水を出す鼻うがいの猛者

こちらは鼻の穴から出してます

鼻うがいとヨガは関係しているようですね。ヨガには何かと惹かれます。

鼻うがい:ヨガの場合

 

 

 

 

 

スポンサーリンク