爆笑問題の深夜ラジオで分かった田中の凄さ

爆笑問題カーボーイ 商品イメージiPod touchを購入してから、散歩はポッドキャストを聴きながらという日が多くなった。

考え事や気分転換をしたい時は、イヤフォンを付けずに外の音を聞くのが一番だが、だいたいは深夜ラジオ「爆笑問題カーボーイ」のポッドキャストを聴きながら歩いている。

深夜ラジオって、時間的に、なかなか聴くのが難しい。たまにラジオ好きな人に録音して聴いているとか聞くと、自分にはそこまでAMラジオに情熱がないなと感じていたものだ。

スポンサーリンク

ポッドキャストはそれこそ星の数ほどあり、いつかはオーディオブックなどにも手を出したいなと思いつつ、爆笑問題のファンという理由だけで、現在ダウンロードできる全ての爆笑問題カーボーイをiPodに転送。それは数年分に及び、この1年で、ようやく3年ほど前の放送まで辿り着いた。

20代半ばからテレビはあまり見ないので芸能界には疎く、最近やけにお笑い芸人が増えたな程度の知識しかないのだが、爆笑問題って10年程前に一気にブレイクし、今や、お笑い界の大御所とも言える地位にいるもんだと認識してる。そんな爆笑問題が、今も深夜のAMラジオをしているのが不思議だった。

深夜ラジオって、なんとなく若手が芸を磨くために通るステップのような印象だったし、売れてる芸人なら深夜枠ってスケジュール的にも辛いだろう。

私もポッドキャストのおかげで深夜ラジオのリスナー入りを果たし放送を聴いていると、なるほど昼には話せない内容のオンパレード。大御所だからこそ昼に話せなかったウップンを深夜に放出して、表と裏のバランスが取れるのかと妙に納得した。

もう一つ、カーボーイを聴くようになって分かったのは、今までは爆笑問題コンビの太田の才能にばかり目がいき、田中のギャグや凡人さが足を引っ張っているような、そんなふうに思っていたが、いやいや、田中すげーなと。深夜枠の過激なリスナーへの極めて常識的なツッコミ。心休まります。

 

 

スポンサーリンク