Powers of Ten™

イームズチェア

パワーオブテンはピクニック中の男性の手からズームアウトして宇宙に飛び出し、宇宙の端で逆転、最後は手の細胞や原子の世界に戻ってくるという映像作品。

私は小学生の時に名古屋市科学館で始めて見て、その世界観と音楽が妙に不気味な印象だったのを覚えてる。

スポンサーリンク

その後、オークランド博物館でも展示されていて、ああ、パワーオブテンは世界中で、ずっと展示されているんだなと感動した。

作られた時代をあわせて考えると、この作品の凄さに唸ります。

ウィキによると

Powers of Tenは1968年に作られた教育映画、および書籍の名前である。家具デザインで有名なチャールズ・イームズとその妻、レイによって脚本が書かれ監督された。IBMの資金協力に寄っている。

とのことで、あのイームズチェアのデザイナーが作っていたとのこと。うーん。宇宙や原子世界への想像力や自然に対する洞察力が優れたデザインを生み出すんだろう。

とのことで、パワーオブテンの日本語訳を探してみたのですがネットには存在しないみたいなので、辞書と格闘しながら翻訳してみました。宇宙に向かう前半部分と、地球に戻ってくる後半部分に分かれています。

どこかで字幕を見たことがあったけど、ほとんど忘れていた。子供でも理解できるような内容かなと思っていたが、かなり専門的な語り口。1968年の科学はすでに現代と変わらない印象。

流れるような口語で訳しましたが、目に余る訳がありましたら教えて頂けると嬉しいです。

Powers of Ten™

PART 1

The picnic near the lakeside in Chicago was the start of a lazy afternoon early one October.
シカゴの湖畔近くのピクニック、10月初めの気だるい午後のスタート。
It begins with a scene one meter wide which we view from just one meter away.
それは丁度1メートル離れたところから見た、幅1メートルの場面から始まる。
Now every ten seconds we will look from ten times farther away and our field of view will be ten times wider.
今から、10秒ごとに10倍離れ、視界も10倍広くなる。
This square is ten meters wide and in ten seconds the next square will be ten times as wide.
この正方形は幅10メートル。10秒後には、次の正方形は10倍広くなる。
Our picture will centre on the picnickers even after they’ve been lost to sight.
ピクニックの人々が視界から見えなくなっても、我々の見る映像の中心は彼らです。
One hundred meters wide, the distance a man can run in ten seconds, cars crowd the highway,
幅100メートル。人が10秒で走る事が出来る距離。道には沢山の車。
power boats lie at their docks, the colourful bleachers are Soldier Field.
スポーツボートはドックで待機。カラフルな外野席はソルジャー・フィールド(シカゴの野球場)。
This square is a kilometre wide, one thousand meters, the distance a racing car can travel in ten seconds.
この正方形は幅1キロメートル、1000メートル。レーシングカーが10秒で移動できる距離。
We see the Great City on the lake shore.
湖の海岸沿いに大都市が見える。
Ten to the fourth meters, ten kilometres, the distance a supersonic aeroplane can travel in ten seconds.
10の4乗、10キロメートル。超音波の飛行機が10秒で移動できる距離。
We see first around and the end of Lake Michigan, then the whole Great Lake.
ミシガン湖の端あたりが見え初め、やがて五大湖の全体が。
Ten to the fifth meters, the distance a hovering satellite covers in ten seconds,
10の5乗メートル。静止衛星が10秒で移動する距離。
long parades of clouds, the day’s weather in the Middle West.
その日の米国中西部の天候は長い雲のパレード。
Ten to the sixth, a one with six zeros, a million meters.
10の6乗、1と6つの0、100万メートル。
Soon the Earth will show as a solid sphere.
すぐに地球が確かな球体として現れる。
We are able to see the whole Earth now, just over a minute along the journey.
今、我々は旅行に沿い、地球の全体を1分以上見ることができます。
The Earth diminishes into the distance but those background stars are so much farther away that they do not yet appear to move.
地球は遠くに縮小するが、バックの星はずっと遠くなので、まだ動いて見えない。
A line extends at the true speed of light. In one second, it half crosses the tilted orbit of the moon.
この線は光速のスピードで伸びる。1秒後、傾いた月の軌道を横切る。
Now we mark a small part of the path in which the Earth moves about the Sun.
今、我々は、太陽の周りを動く地球の公転軌道の一部分をマークする。
Now the orbital path of the neighbour planets, Venus and Mars then Mercury.
隣の惑星の公転軌道、金星と火星、そして水星。
Entering our field of view is the glowing centre of our solar system “the Sun”,
我々の視界に入ってきた光輝く太陽系の中心。太陽。
followed by the massive outer planets, swinging wide in their big orbits.
大きな軌道によって続く巨大な外惑星。
That aureole belongs to Pluto. A fringe of a million comets too faint to see completes the solar system.
このコロナは冥王星に属す。ほとんど見えない100万の彗星の外れが太陽系を仕上げる。
Ten to the fourteenth, as the solar system shrinks to one bright point in the distance,
10の14乗、太陽系は一つの輝点として遠くに縮小する。
our Sun is plainly now only one among the stars.
我々の太陽は今や質素に、ただ星々に混じる。
Looking back from here we note four southern constellations, still much as they appear from the far side of the Earth.
ここから振り返り、4つの南の星座に注目。まだそれらの多くは地球の反対側に現れる。
This square is ten to the sixteenth meters, one light year, not yet out to the next star,
この正方形は10の16乗メートル。1光年。まだ次の星に届かない。
our last ten-second step took us ten light years further, the next will be a hundred.
最後の10秒は我々を10光年遠くに連れ去る。次は100光年。
Our perspective changes so much at each step now that even the background stars will appear to converge.
我々の展望は各ステップで大きく変化する。背景の星さえ収束して見えてくる。
At last we pass the bright star Arcturus and some stars of the Dipper.
ついに我々は明るい星アルクトゥルスと北斗七星のいくつかを通る。
Normal but quite unfamiliar, stars and clouds of gas surround us as we traverse the milky way galaxy.
普通だが全くの未知。天の川銀河を横断すると共にガス星雲が我々を囲む。
Giant steps carry us into the outskirts of the galaxy and as we pull away,
ジャイアント・ステップス(巨大な歩み)は我々を銀河の端まで引き離すように運ぶ。
we begin to see the great flat spiral facing us.
我々は大きく水平な渦と面するのを見始める。
The time and path we chose to leave Chicago has brought us out of the galaxy along a course nearly perpendicular to its disk.
シカゴを去るために選んだ道と時間が、銀河の円盤とほぼ垂直なコースに沿って我々を連れ出した。
The two little satellite galaxies of our own are the clouds of Magellan.
我々の2つの小さな衛星銀河はマゼランの雲。
Ten to the twenty-second power, a million light years, groups of galaxies bring a new level of structure to the scene,
10の22乗、100万光年、銀河群は新しい段階の構造を場面へもたらす。
glowing points are no longer single stars but whole galaxies of stars, seen as one.
輝く点は、もはや1つの星ではないが、全ての星雲はそう見える。
We pass a big vulgar cluster of galaxies among many others, a hundred million light years out.
巨大な見発達の銀河団の集まりを通り、1億光年先。
As we approach the limit of our vision, we pause to start back home.
我々は視界の限界に近づく、家に戻るために一時停止する。
This lonely scene, the galaxies like dust, is what most of space looks like.
この孤独な光景、宇宙のほとんどは、このようにホコリのような銀河だ。
This emptiness is normal. The richness of our own neighbourhood is the exception.
この空虚こそが普通で、我々の近隣の豊かさが例外なのだ。

PART 2

The trip back to the picnic on the lake front will be a sped up version,
旅はスピードを上げ湖畔のピクニックに戻る。
reducing the distance to the Earth surface by one power of ten every two seconds.
2秒毎に10の1乗づつ地球表面へ距離は減らす。
In each two seconds we will appear to cover 90% of the remaining distance back to Earth,
2秒毎に地球への残りの距離の90%をカバーするように現れる。
noticing alternation between great activity and relative inactivity.
大きな活動と、相対的な無活動が、交互にあることに気づく。
A rhythm that will continue all the way to our next goal,
私たちの次のゴールまでずっと続くリズム、
a proton and nucleus of a carbon atom beneath the skin on the hand of the sleeping man at the picnic.
ピクニックで眠っている人の手の上の、皮膚の下の炭素原子の陽子および核。
Ten to the ninth meters, ten to the eighth, seven, six, five, four, three, two, one.
10の9乗メートル、10の8乗、7、6、5、4、3、2、1。
We are back at our starting point.
私たちは出発点に戻る。
We slow up at one meter. Ten to the zero power.
私たちは1メートルで遅くなる。10の0乗(=1)。
Now we reduce the distance to our final destination by 90% every ten seconds.
今、我々は10秒毎に最終目的地までの距離を90%にする。
Each step much smaller than the one before.
各ステップは以前よりはるかに小さい。
At ten to the minus two, one hundredth of the meter, one centimetre, we approach the surface of the hand.
10の-2乗、1メートルの100分の1、1センチメートル、我々は手の表面に接近する。
In a few seconds we will be entering the skin,
数秒で私たちは皮膚に入る。
crossing layer after layer from the outermost dead cells into a tiny blood vessel within.
最も外側の死細胞から層を横断し小さな血管の中へ。
Skin layers vanish in turn and outer layers of cells, Felty collagen,
表面薄層は徐々に消え細胞の外層へ、フェルティ・コラーゲン、
a capillary containing red blood cells and a roughly lymphocyte.
毛細血管を含む赤血球と荒いリンパ球。
We enter the white cell, among its vital organelles, the porous wall of the cell nucleus appears.
重大な細胞器官の白血球の中へ。細胞核の多孔性の壁が現われる。
The nucleus within holds the reality of the man in a coiled coils of DNA.
細胞核はぐるぐる巻のDNAの中に人の実態を保持している。
As we close in, we come to the double helix itself,
近づくとDNAの二重らせんが。
a molecule like a long twisted ladder whose runs of paired bases spell out twice,
ペアの塩基に2度綴られ、長いねじられたハシゴのような分子、
in an alphabet of four letter, the words of a powerful genetic message.
4文字のアルファベット、強力な遺伝メッセージの言葉。
At the atomic scale, the interplay of form and motion becomes more visible.
原子の規模では、形と運動の相互作用はより目に見えるようになる。
We focus on one commonplace group of three hydrogen atoms bonded by electrical forces to a carbon atom.
我々は炭素原子への電気的な力で結合した、3つの水素原子の平凡なグループの一つに焦点を当てる。
Four electrons make up the outer shell of the carbon itself.
4個の電子が炭素そのものの外殻を構築する。
They appear in quantum motion as a swarm of shimmering points.
それらが輝く点の群れとして量子運動に現われる。
At ten to the minus ten meters, one Angstrom, we find ourselves right among those outer electrons.
10の-10乗メートル、1オングストローム、我々はそれらの外部の電子中に我々自身を見つける。
Now we come upon the two inner electrons held in a tighter swarm.
より緻密な群れの中に保持された2つの内部電子に出合う。
As we draw toward the atom’s attracting centre, we enter upon a vast inner space.
我々は原子の引きつける中心に向かって引かれ、広大な内部空間に入る。
At last the carbon nucleus. So massive and so small.
ついに炭素核へ。非常に巨大で、とても小さい。
This carbon nucleus is made up of six protons and six neutrons.
この炭素核は6つの陽子と6つの中性子から構成される。
We are in the domain of universal modules.
我々は普遍的な基本単位の領域内にいる。
There are protons and neutrons in every nucleus.
すべての原子核の中には陽子と中性子がある。
Electrons in every atom. Atoms bonded to every molecule out of the farthest galaxy.
すべての原子の中の電子。原子は最も遠い銀河からの全ての分子に結合する。
As a single proton fills our scene we reach the edge of present understanding.
1つの陽子が場面を満たすと共に、我々は現在の理解の端に達する。
Are these some quarks of intense interaction?
これらは強烈な相互作用のいくつかのクォークなのか?
Our journey has taken us through forty powers of ten.
我々の旅行は10の40乗を通して案内した。
If now the field is one unit then when we saw many clusters of galaxies together,
私たちが多くの銀河団をともに見た時、その領域が1つの塊なら、
it was ten to the fortieth or one and forty zeros.
それは10の40乗か1と40のゼロだった。

 

 

 

スポンサーリンク