スーパーマリオのコンセプト

空中のどんなに高い場所でも、
そこにコインがあって、それに飛びついたら
悪いようにはされないという信頼が
『スーパーマリオ』にはあるんですよね。
そういったことを、もしイジワルな人たちがつくると、
プレイヤーをおとしめるために、
コインを置くようなことをするかもしれないですし、
そうすると、いくら欲しいコインがそこにあっても
飛びつこうとはしませんよね。
だけど、『スーパーマリオ』の場合は
「飛びついて悪いようにされるハズがない」
という信用があるから、
遊んでくださるお客さんたちは
迷うことなく地上に戻ることができたんですね。

任天堂 岩田社長

もの作りに限らなくとも、自分のプロジェクトのコンセプトを考えるときに思い出せるといいな。遊んでる側からすれば、何で面白いのかを考えることはないけど、たしかに意地の悪い人がステージを作ったら単にサドっぽくなりそうだ。それはそれで需要あるかもしれんが。

WEBやUIデザインも、どこまで使い手の事を考えられるかって所に行きつくし、デザインが優れているほど操作をしている意識がなくなり無意識で操作できるようになる。

スーパーマリオも「面白いなぁ~」ってのを通り越して無意識に遊べてる気がする。さすがだ。

 

 

広告