私が今回kobo Touchを見送った理由

何かと話題のkobo Touchはマニアも納得でも書いていますが、先日発売された楽天kobo Touch、結構欲しくなりました。

今ならキャンペーン中につき楽天プラチナ会員なら3,000ポイントつくんで実質4,980円で買えることに。

「あんまり使わないかもしんないけど、この価格ならいいか!」とポチリそうな右手を抑えるのに必死でしたが、今回は見送ることに決定。その理由は・・・

スポンサーリンク

ディスプレイの性能

ここが一番ネック。6インチEPD(電子ペーパーディスプレイ)は、Kindleなど他社の電子書籍リーダーと同じスペックだけど、800×600の解像度は文章なら問題ないが、画像やPDFにはやはり力不足。iPhoneのRetinaディスプレイはあの小ささ(3.5インチ)で960×640。Retinaほどの解像度はいらないけど。

私はおそらく小説よりもコミックとかPDF見る方が多いし、そうなると6インチでは物足りない。iPadより少し小さい位、結局タブレット端末くらいの大きさが欲しくなる。

そもそも小説を読むなら文庫が一番という考えなのも問題ではありますが。

あと電子ペーパーはバッテリーの持ちが良いのは嬉しいんだが、あのもっさり動作と、画面に定着するためのリフレッシュは結構ストレスになる。しかし普及速度考えると、おそらく数年のうちに劇的に改善するはず。デジカメみたいに。

個人的にはHTML+JavaScriptでアプリ開発楽しそうだな!なんて思ってますが、ちょっと考えてみても電子ペーパーの利点を生かしたアプリって思いつかない。バッテリー消費なしで静止画をずっと表示できる事を生かしたアプリ。。。カレンダーしか思いつかん。格言とかTODOとか写真のビューアにするにしても・・・使うかなぁ。

コスパ最高ってこともない

8,000円は感覚的に安く感じるけど業界から見るとそんなでもないみたい。今後はさらに低価格で激戦が予想される。
楽天のkoboは本当に挑戦的な価格だったのか? 専門家が分解して調査 – CNET Japan

でもキャンペーンを使えば予算度外視の超お買い得なのは間違いない。

まだ電子書籍というジャンルそのものが未成熟なこのときに大損覚悟でユーザーを囲っておきたい楽天。ハードを安く売ってソフトで儲けていきたいんですよね。インクジェットのインクみたいに。

それでも小説好き+新し物好きにはオススメできる

コミックとかPDFとか見ない。文字だけちゃんと読めればいい。青空文庫とか小説だけ楽しむつもりだし楽天プラチナ会員だよん。って人には買い時と言えるほどお得。20冊くらい小説読んだら元取れるもんね。

電子書籍リーダー。私は少し様子見です。

 

 

スポンサーリンク