必死でブログ1年続けてやっと月6万PVになった記念

日刊を目指して始めた当ブログも、早いもので1年が経った。

斜視の手術で更新できなかった1日を除き、ほぼ日刊はクリア。飽きっぽい性格なのに偉業です。これは。

日刊って正直ネタも続かないし、更新しなきゃという精神的な負担も大きい。特に開設当初は訪問者が少ないから苦しかった。

労力の割に特に見返りもないのでモチベが連日ストップ安だった。

ちなみに今のアクセスは先月で約6.3万PVだから1日2,000PVほど。訪問者数はその約3/5。人気ブロガーさんと比較すると10分の1以下だから、まだヨチヨチ歩きだが、やっと楽しくなってきた。

当ブログはツールを公開してるので文章一本のブログとは違うけど、これからブログを始める人の参考になれば。

スポンサーリンク

 

日刊の強制力でやってこれた

もし日刊で始めてなかったら、間違いなく途中で挫折してた。
世の数十万のお亡くなりになったブログと同じく、更新間隔がどんどん長くなって放置パターンに入ってたハズだ。
日刊の「せっかく毎日やってきたんだから!」という状態に入ったおかげで続いた。

私はわりとジョギングが好きなんだけど、まさに走ってる時と同じ気持ち。
「苦しいから止めたい!でも、ここで止めたら今までの苦労が水の泡じゃん!」みたいな。
人気ブロガーさんにジョギング好きが多いのは偶然ではないと思う。

ブログ始める前は「アレ書いてコレ書いて」って書きたい内容がいくつか頭にあったけど、そんなものは1ヶ月で消化
そうなると必然的にネタを探す視点が生まれる。
そのおかげで、ただ情報を消化していた以前に比べ抜け目がなくなった気はする。

もしネタがある時だけブログを書く方針だったら、そんな必死にネタを探さなかっただろう。
でも、それにもメリットはあって、
自分が良いと思ったネタだけで構成されたブログは、
無理矢理ひねり出した記事とはやはり熱が違うから、良質な記事だけで構成されてる感じがする。
それも魅力感じるので、いずれ試してみるかもしんない。

 

文章力あがった

当たり前だけど文章力がついた。「それで?( ´,_ゝ`)プッ」とか笑われそうだが、初期に比べれば一目瞭然。
最初は今より丁寧に書いてたが、やはり文章が固い。お行儀よく書いたり格好つけたりする。それが「ま、いっか」くらいのラフな感じになってくるし、自分では今の方が読みやすい。

恥ずかしい話、ブログを始める前は、自分にはそれなりに文章力があると思ってた。
何百というサイト記事を書いてきた自信なんだけど、毎日ブログ記事を書くようになってから喪失した
例えば書評とかは仕事で書く文章とは全然違う。
読書感想文みたいに自分が感じた事だけを書いても、見てる側からすれば「( ´_ゝ`)フーン」って感じ。面白く or 役立つように書かなきゃダメなのだ。

最近ハッと感じたのは、この記事を書いてる時。

やりすぎた感のあるルービックキューブを使ったアート

どうやって紹介しようか考えてて、
ニュースみたいに「これはアメリカの誰々が作ったルービックキューブを使ったアートです・・・」
とかは5W1Hでフォーマット決まるから書きやすいんだけど、それじゃ面白くない。
それで読者が読んでいく過程を自分も追体験するように書いてみた。

この手法、知識としては知ってたのに今まで出来なかった。
それが突然機会がやってきて自分の物にできた。

知識だけ詰め込んでも使う機会がなければ忘れるだけ
この事から文章力の向上はやはり量かなと思う。

 

人気ブログになるための7つの法則の7分の1

人気ブログを観察してると、そのブロガーさんのキャラが立ってる。
アイドルというかカリスマというか。読者には、そのブロガーさんの生活までも興味の対象となってるみたい。
一方、同じ人気ブログでも、デザインとか技術系だとブロガーさんの人物像は関係ない。興味本位で顔写真を見る程度。読者はブロガーさんより記事自体に興味があって訪れる。

もし人気ブログを目指すなら、自分のブログがどちらに属すかを先に考えた方がいい。その2つは成功の方法論が違う。
人気ブログの鉄則の1つにテーマを絞るというのがあるが、それより決めやすいと思う。
とは言うものの、私はハッキリ言って自分でも、どんなブログになるのか想像できなかった

なのでブログ運営をとりあえず始めて、人気がでる記事=自分に求められるものが分かってきた時に、そこから方向修正していけば良いと思う。いつでも修正できるのがWEBの利点だから。

始めて見なきゃ分からん事だらけなのだ。とりあえずスタートするしかない。

 

自分の中で高まるブログの価値

そんなわけで、ヒーコラと続けてきた当ブログ。
当初は自分の中でも小さな存在だった。いつ止めても誰も気づかんだろうなみたいな。

1日数人の訪問者から始まり、数ヶ月間はずっと数十人のまま。反応は殆どないから趣味と割り切った耐久マラソン

しかし徐々に訪問者が増え、一つ一つの記事にレスポンスが返ってくるようになった。
といってもブログのコメントではなく、はてブやツイッターのソーシャルで話題になるようになった。

良質な記事ならちゃんと評価してもらえる。これで失っていたモチベーションは回復した。川の流れのように、書いたものを見てもらえるという流れが出来るまでが正念場なのだ。

以前なら仕事で新しいサービスを開発しても、その宣伝が最も大変だった。
しかし今はブログで紹介すれば皆に評価してもらえる。
これって自分みたいにフリーでやってる人間には驚異的にありがたい事だったりする。

苦しい1年ではあったけど、今はブログを止めるなんて考えられない。
WEBでフリーになる人が増えてるみたいだけど、まだブログ初めてないなら、やるべき。

 

 

 

スポンサーリンク