Google以前の検索エンジン

searchs_logo 今や検索と言えばGoogleという感じで、Googleを使わない日はない。YahooもGoogleのエンジンを使っているので、ネットの検索シェアをほぼ独占してる。

ではGoogleが登場する前のネットって一体どんな状態だったのか。当時は検索エンジンが乱立しており、それぞれに個性があってユーザーは検索エンジンを渡り歩いていた。

私は1996年からネットを初めて、当時は28800bpsモデムとテレホーダイとMosaicブラウザでサーフィンしていた。あの頃、検索エンジンを渡り歩いていた記憶を思い返すと懐かしいので、ちょっと振り返ってみる。当時を知る人がニヤリとなれば。

スポンサーリンク

 

千里眼(Searcher in Waseda)1994年

1 http://senrigan.ascii.co.jp/

千里眼は最もお世話になった検索エンジンで個人的にデフォルトだった。早稲田の千里眼、東大のODINという2大検索エンジンがあって、千里眼には知的な印象を持った。日本初のJPドメインの検索エンジンだったようだ。

 

Infoseek1994年

2 http://www.infoseek.com/

InfoseekとExciteは英語が読めなかった自分にはほぼ無縁で、たまに見た程度。後の日本語サービスの登場により使うようになった。しかしLycosだけは検索エンジンの精度が高くてよく使っていた記憶がある。

 

Excite1994年

3 http://www.excite.com/

 

Lycos1994年

4 http://www.lycos.com/

 

J.O.Y. – Japanese Open Yellowpages1995年

joyhttp://joyjoy.com/

日本最古の個人サイト専門リンク集。今も運営されているのは凄い。自分のサイトも掲載してもらった記憶がある。この頃はネットやってる人が少なくて全体的にほのぼのしてた。

 

CSJインデックス1995年

5 http://www.csj.co.jp/csjindex/

CSJインデックスもよく見ていた。ロゴが懐かしい。

 

Yahho1995年

6 http://yahho.ita.tutkie.tut.ac.jp/

Yahhoは残念ながらスクリーンショットがうまく撮れなかった。

 

InfoNavigator1995年

7 http://infonavi.infoweb.or.jp/

 

ODIN1995年

8 http://odin.ingrid.org/

千里眼と並んでODINの検索エンジンも凄かった。ロゴも格好いい。

 

Hole-in-One1995年

9 http://www.hole-in-one.com/hio/

 

AltaVista1995年

a http://www.altavista.com/

アルタビスタを初めて使った時はその能力の高さに衝撃を受けた。海外の検索エンジンなのに日本語も通ったし、見たことないページをガンガン拾ってくれた覚えがある。

 

Rcaau Mondou1996年

b http://www.kuamp.kyoto-u.ac.jp/labs/infocom/mondou/search.html

Rcaauは京都大学の研究室で作られたそうだ。当時は大学間で検索エンジンの開発を競っていたのだろうか。

 

Japanese Open Text1996年

c http://www.jp.opentext.com/

 

HotBot1996年

e http://www.hotbot.com/

 

Yahoo! Japan1996年

d http://www.yahoo.co.jp/

ここでYahoo! Japanが登場。いつから使っていたか記憶が曖昧だが、gooが登場するまでよく使っていた覚えがある。

 

goo1997年

f http://www.goo.ne.jp/

Yahooを凌ぐ検索エンジンgooが登場。gooエンジンは凄かった。その後Yahooとgooが提携し、Yahooでもgooエンジンが使われる。

 

infoseek Japan1997年

g http://www.infoseek.co.jp/

 

Excite Japan1997年

excite http://www.excite.co.jp/

エキサイトは翻訳が強いと評判だった。

 

Google1998年

h http://www.google.com/

ここでGoogleが登場するが、私は日本語版の登場まで使うことはなかった。この頃はもうYahooで満足しており、わざわざ他の検索エンジンを使う必要がなかったのだ。

Google日本語は2001年に登場。私はどこかのタイミングでYahoo→Googleに移行して今に至る。現在はgooやinfoseek、exciteもGoogleの検索エンジンを使っています。

 

スクリーンショットはインターネット・アーカイブを、検索エンジンの歴史をまとめるのにサーチエンジン史(日本の検索エンジンの歴史)を参考にさせて頂きました。

こちらはYahoo!Japanのデザインの歴史。

  1. 1-570x644

 

 

スポンサーリンク