アイルトン・セナの鈴鹿最速ラップを再現したHONDA

1

アイルトン・セナが1989年に鈴鹿で出した世界最速ラップ1分38秒041を光と音で再現しています。ホンダらしい遊び心。元となるのは当時の最速ラップのデータのみ(テレメトリーデータというようです)。当時のエンジンMP4/5は現存して動かせる状態のようで、テレメトリーデータの通りにエンジンを動かせばエンジン音を再現できるよ!という所からプロジェクトはスタート。

 

1最終的には実際のサーキットに大量のスピーカーとLEDを配置し、その音を実際の走行と同じように再生していく。という大規模なもの。予算を考えると、恐らくテレビCMでも流れているのでしょうか。

 

 

WEBでもWebGLを使った3DCGによる再現を行っており、大量のウィンドウによるUIはピットを思わせるものとなっています。ブラウザによってはポップアップウィンドウが禁止されるので、このUIは大胆です。ユーザーがウィンドウを自由に配置できるという点を再重視したのでしょうか。

ともあれ最大の目玉はエンジン音。溢れんばかりのパワー感。ぜひヘッドフォンで。

Ayrton Senna 1989

 

white-screen.jpのメイキングも面白いです。

アイルトン・セナの伝説の鈴鹿最速ラップを音と光で甦らせろ! Hondaインターナビ dotsプロジェクト「Ayrton Senna 1989」制作陣インタビュー! | white-screen.jp

 

 

広告