ファミリーコンピュータMagazineが18年ぶりに復活

top

任天堂から11月10日に発売される『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』。懐かしのファミコンソフト30本を搭載し、その外観は初代ファミコンを模しています。世代的には遊ばなくても欲しくなるハードなんですが、予想通り予約が殺到しているご様子。

その流れに便乗してか、当時のファミコン雑誌『ファミリーコンピュータMagazine』が1号限りの復刊です。当時のファミコン本といえばファミマガとファミ通が2大巨頭で、私はファミマガ派だったんですが、この表紙だけでも当時の記憶が蘇ります。嘘テクに騙された「超ウルトラ技50+1」などの懐かしい企画も盛り沢山のようで、祭りも盛り上がってきた感じ。乗るしかないこのビックウェーブに。 続きを読む

国旗の可能性カタログ

1

世界の国旗のデザインから色や形を要素として抽出。それぞれをパーツとして全ての組み合わせ(177,489パターン)を網羅した『UNIVERSAL AUTHORITY FOR NATIONAL FLAG REGISTRATION』。Arjan Grootさんの作品。こういう羅列も何かののデザインのヒントになったりするかも。 続きを読む

二宮康明の紙飛行機

1

雑誌『子供の科学』で49年続いていた紙飛行機の連載が2016年9月号で終了とのこと。小学校でこの紙飛行機を作った覚えがありますが、風のすくない体育館でずっと飛んでいた記憶があります。この連載を担当していたのは二宮康明さん。機体デザインが美しいです。

今回49年の連載をまとめた『二宮康明の紙飛行機集 よく飛ぶ競技用機III: 新10機選7』がシリーズ最終刊として発売。収録されているのは二宮康明さんが設計してきたおよそ3000機の紙飛行機のなかから集大成となる競技用機を10機集めたもの。なにやら凄そうだ。 続きを読む

最強にぶっとんでいる。漫画『ウルトラヘヴン』

1

先日Tumblrにこの4ページが流れてきて一撃でノックアウト。速攻で3巻まで買ってしまった。小池桂一さんのウルトラヘヴン。2002年に第1巻が発売されており今まで知らなかったが、この表現凄すぎ。最強と言っても過言ではない。もちろんこの4ページ以外も素晴らしかった。 続きを読む

撮影できる絵本『This Book is a Camera』

1

飛び出る絵本を組み立てて、暗室で付属の大判4×5フィルムを装着。シャッターの紙片を持ち上げて撮影したら再び暗室で現像。白黒写真の出来上がり。すっかりデジカメ一色の時代なので、本質的なカメラの仕組みを知るのに最適な教材になりえそうです。フィルムは5枚入っており、現像液もセットでUS$29。値段設定も魅力的です。

この本は、アドビの『Adobe Creative Residency』というプログラムによって選ばれたKelli Andersonさんのプロデュースです。このプログラムは才能あるアーティストに対して、1年間、様々な援助をするもので、初年度の2015年はたった2人のようで、狭き門ですね。 続きを読む

Amazon買取サービス使ってみた

top

先日はじまったAmazonによる本、ゲーム、DVD、CDのAmazon買取サービス。さっそく使ってみました。とりあえず感想としては予想通り非常に便利。集荷も無料です。始まったばかりのサービスですが特にトラブルもなく、買取価格も思ったより高かったので、これからもお世話になりそうな感じです。

公式サイトの説明を見れば特に迷うことはありませんでしたが、全体の流れと気になった点を書いてみます。 続きを読む

本の表紙デザインをあつめたブログ

1

世界中のおしゃれなブックカバーを収集しているtumblrブログ『book covers』。取り扱っている本の年代や国はバラバラで、1950年代のロシアの本とかあります。このブログで見なかったら一生見る機会なかっただろうな。古い本でも良デザインなものが多いので、見ていて楽しめます。

上のAdam Smith『The Wealth of Nations』のデザイン格好いいですね。バックの版画はray morimuraさんです。 続きを読む

思考は現実化する

1

現実化するので気をつけよう。 続きを読む

MUCH LOVED

1

とても愛された「ぬいぐるみ」に焦点をあてた写真家Marc Nixonさんによる『MUCH LOVED』。それぞれのぬいぐるみにまつわるストーリーもまとめられて、書籍化もされている模様です。 続きを読む

英辞郎をYosemiteの辞書で使う

1Windows時代はずっと英辞郎+PDICを使っていました。高速だし例文や熟語が豊富で、英辞郎すごく良い。

せっかくデータは持っているのでMacでも使いたい。そんなわけで、英辞郎のデータをYosemiteの標準辞書アプリDictionary.appで使うための記事です。Dictionary.appは、アプリを問わず『control+command+D』で辞書表示できます。

ちなみに私の購入した英辞郎は2005年の第二版で、最新の第八版だとDictionary.app用の辞書が最初から入っているようです。時間がない方はそちらを。古いデータの変換は、やや難易度高めです。 続きを読む