アイデア

喫煙リスクの広告

1

海外のタバコのパッケージには喫煙リスクを知らせる過激な広告がついていたりしますが、その新しいアイデア。Miroslav Vujovic Graforidzaさんのデザインです。インパクトは相当ありますね。でも個人的にあの広告は「こんだけ警告してんだからお前の責任な!」ってそもそも依存性のある物を売っている責任を誤魔化している気もする。 続きを読む

食品サンプルのアクセサリー

1

食品サンプルの制作・販売をしている㈱畑中から登場した異色のアクセサリーが話題に。売り切れ続出だそうです。納豆ご飯や月見そばのカチューシャ。大学芋のネクタイピン。カリカリベーコンのブレスレットなど、たしかにちょっと欲しくなる感じ。アイデアですね。 続きを読む

電球でつくる小さなテラリウム

terrarium

電球を使ってテラリウムを作る動画。切れた電球を使えばお金もかからないし、小さな世界を構築するのは楽しそう。ちゃんと水をあげれば意外と長く持つのかな? 続きを読む

紙を立体的に見せるイラスト

1

紙を破って立体的に見せるデンマークのイラストレーターHuskMitNavnさんの作品。 続きを読む

三菱鉛筆の無料PDF『手書きPOPマニュアル』

pop

三菱鉛筆のサイトから無料でPDFがダウンロードできる『手書きPOPマニュアル』。内容はPOPの種類から始まり、コピーの考え方、売れるレイアウト・デザイン、フォントのサンプルなど42Pのボリュームでまさに売れるクオリティ。POPを導入していない店舗なら、すぐにでも試したくなるアイデアです。 続きを読む

頭の体操に『面積迷路』

1

日本生まれの計算パズル『面積迷路』。図を見るだけで何をすればよいのか分かる直感的な問題なので、海外でも話題になっているようです。実際にやってみると、いつもは使わない脳の部分を使う感じがします。日本では書籍にもなっているんですね。上の巨大な問題の解き方は最後の動画をチェック。 続きを読む

ランプシェードに小さな穴をあける

4

より美しく・明るく。ランプの光を光源に、映像を投影するランプシェード。ランプシェードを映画のようなフィルムに見立てれば、映像を投影すること自体は簡単ですが、肝心の映像は丸みを帯びて歪んだり、光も暗くなります。

この技術ではランプシェードにあける穴の大きさで明暗をコントロール。歪も事前に計算して3Dプリンターで出力します。光はランプシェードの素材に遮られることがないので、弱い光でもクオリティの高い映像が映しだされています。山東大学、ヘブライ大学、ネゲヴ・ベン=グリオン大学、テルアビブ大学の共同プロジェクトです。 続きを読む

15個の動くLEDで表現するもの

1

面白いことを考えるなぁ。歩く人間を15個のLEDで表現しています。ピントがボケた時だと分かりやすいですね。作成したのはRandom Internationalで、滑らかな動きは専用のソフトウェアによって制御されているようです。例えばLEDを30点にするとか動物のモーションにするとか、いろいろな発展が思いつく懐の深いアイデアです。 続きを読む

ワクワクGoProレゴ・トレイン

lego_train

家の中を所狭しと走り回るレゴ・トレインに、GoProをのせて撮影した動画。電車はネコを横切り、まるでジャングルのような庭に飛び出します。線路の設計は楽しそうだけど、かなり大きな家のようで、使用したレールは50メートルとのこと。お金もそれなりに必要そうですね。 続きを読む

強力LEDライトをドローンから照射して夜間撮影した写真集

1

ドローンから空撮する作品はメジャーになってきましたが、ドローンに強力なLEDライトを搭載して夜間撮影した写真家Reuben Wuさんの作品。カメラは『PhaseOne XF 100MP』『Leica M-P 240』『Canon 5D Mark III』を使用。使用ドローンは『3DR Solo Drone Quadcopter』、LEDライトは『AL250』だそうです。このアイデアによって夜間撮影の幅が広がりそうです。 続きを読む