アイデア

パイプで空間デザイン『プロトパイパー』

1

ハンドメイド感漂うガンタイプの工作マシン『プロトパイパー』。一体何かと言いますと、トリガーを引くと銃先から大きなストローのようなパイプを吐き出します。パイプは自由な長さで切断できるし、切断面をジョイント型にもできるので、ワイヤーフレームで立体物を構成できます。

メインの使用用途としては、プロトパイパーだけに、家具や家電の大きさを確かめるモックアップに使うようです。あとはアイデア次第で、動画では室内バレーの簡易コートなんかにも使っています。

DIY好きな方ならそれなりに使う時があるかもしれない。低価格で流通したら面白そうなマシンです。Stefanie Muellerさんの作品でした。 続きを読む

燃えるハンダゴテ 美しい基板のiPhoneケース『moeco』

ny_zoom

剥き出しの電子機器みたい、プリント基板の地図が美しいiPhoneケース『moeco』。Made in Japanです。ハードオフのジャンクコーナーに無限の可能性を感じるような電子系男子にはたまらない一品。プレゼントとかに良さそう。 続きを読む

ネットを活用!アートなビジネス

top

建造物のペーパーワークを1日ひとつ、合計365個作成したイギリス人アーティストCharles Youngさんの作品集。一つ一つはシンプルですが何かしら動きがあり、さらに木片のユニットとして複数を組み合わせて、より大きな『街』を構成できるデザイン。作者のサイトには365個全てのユニットのGIFアニメが並んでいるので壮観です。

このプロジェクトはすでに完結していますが、リアルタイムではtumblrに毎日アップ。作品もユニットごとにEtsyにて販売したようです。ネットを上手に利用したビジネスとしても参考になります。 続きを読む

3ピースのアニマルリング

1

3ピースのアニマルリング。かわいい。クリエイターはタイ・バンコクのm e r r y m eさん。素材は真鍮(銅と亜鉛の合金)で製作されておりEtsyにて購入できます。 続きを読む

シルエット・フォント

1

韓国のデザイナーCheolhong Kimさんによる3Dモデルのフォント。布の後ろから押し出したようなシルエット。ゆるやかな斜面にYosemiteのアイコンのような寒色&暖色のライトが当たっています。

作者によれば好きな文字で組み合わせてくれるそうなので、気になった方はBehanceからコンタクトどうぞ。 続きを読む

アメンボのように走る車

top

クモやアメンボを連想させるクッション性能。斜面や側溝をまたぐようにスイスイと走る姿は、写真より動画だとより凄さが伝わってきます。フランスのMecanroc社で開発されている電動バギーカート『Swincar Spider』。

電気自動車も普及してきたし、タイヤそのものが回転するインホイールモーターも実用的になってきたので、このような機構を持つ車の登場は必然とも言えますが、この動き、驚きますね。 続きを読む

痒い所に手が届くmagisso泡立て器

1

泡立て器が洗浄しやすくなるアイデア。magissoの『BALLOON WHISK』。内側とか確かに洗いにくいなと思いますが、私はホットケーキくらいしか泡立て器使わないので100均で充分かな。毎日使うようなプロフェッショナルな方には嬉しいアイテムかも。

ドイツのレッド・ドット・デザイン賞の最高賞である”ベスト・オブ・ザ・ベスト”を2011年に受賞とのことです。日本で買えます。 続きを読む

デザイン愛を感じるトランプ

top

グラフィックデザインに関係したTIPSがプリントされたトランプ『The Design Deck』。フォントや配色、ベジェ曲線などデザイナーならピクッとくる単語です。WEB系の人とかのプレゼントに良さそうですが、残念ながら国内では買えないみたい。でも$19.90+shippingで海外発送はできそうです。 続きを読む

地震で倒れたらライトになる『明かりこけし』

1

地震で倒れたら自動でライトが点灯するこけし。仙台にあるこけし屋さん「しまぬき」のアイデア商品です。すごい発想だぁ。こけしは震度4で倒れるそうで、センサーが傾きを感知して点灯します。東日本大震災を教訓にライトの性能にも抜かりはなく、内蔵LEDライトの持続時間は50時間。これまでに売り上げ1千本を突破とのこと。

こけしの種類もいろいろあって、お値段は7800円~2万円くらい。ちょっと高いですけど、手作りの伝統的なこけしなので一生モノですね。

こけしのしまぬき

安全なトラックはサムスン液晶から

1

トラックの後ろに液晶テレビを装着して、そこにトラック前方の映像を流せば、後ろの車は安全に車線変更できるよね!というサムスン電子の『Safety Truck』プロジェクト。液晶の有効活用的な軸でしょうか。技術的にはすぐにでも実現できそうなアイデアです。

たまにタンクローリーの後ろにつくと鏡みたいに自分が映りますが、それと間違えそうだなという気もしました。あと見とれちゃって衝突とか、逆に困惑する気もします。実際後ろについてみないと何とも言えませんが、どうでしょうか? 続きを読む