iOS

Mac初心者のiPhoneアプリ開発記8 設定画面を動的に作る

2前回は設定画面を作るためにストーリーボードやTableViewの仕組みを勉強しました。

TableViewの項目(セル)を作る際に、GUIで設計できるStatic Cellsという機能にも触れましたが、動的に設計する為、とりあえず使わないことにしました。

動的に設計するということは、コードからセルを作成するので状況により項目を変化させることが出来ます。またセルの数が何十となる場合は動的に作ったほうが楽です。

というわけで今回は、動的に設定画面を作る手順を追ってみます。プログラム経験が少なく具体的な設計方法がイマイチな人に参考になるハズ続きを読む

iOSの進化とフラットデザイン

ios_evo

iKuracさんが作成したiOSの比較画像。先日発表されたiOS7のデザインの路線変更ですが、80年代にモダン→ポスト・モダンの流れが起きたように、数年後には再び今の路線に戻ってきそうだなと個人的には感じています。市場は常に変化を求められるので、流行は行ったり来たりを繰り返すからです。 続きを読む

Mac初心者のiPhoneアプリ開発記7 設定画面を作る

1

今回はツール系アプリなら装備しておきたい、いわゆる設定画面を作ります。今後アプリ開発を続けるなら、ここを避けて通ることは出来ないでしょう。

私が最初に作るアプリはiPhone Screenshot MakerのiOS版にしようと考えていますが、基本機能であるカメラロールから画像を選びUIImageで合成後に保存。この流れでテストは成功しました。

さて次は設定画面。よく見る普通の設定画面って一体どうやって作ればよいの? ここから長い道のりとなりました。 続きを読む

Mac初心者のiPhoneアプリ開発記6 画像処理はじめました

1前回から随分時間が経ってしまいました。iPhoneアプリ市場は激戦なので、果たして結果に繋がるか考えるとモチベが下がりがち。

しかし今回はようやくXcodeにも慣れ始め、少しづつ楽しくなってきました。

今回は教材を何にするか迷いました。そろそろ自分が作りたいアプリの種類(ゲームやツール等)により勉強内容が変わってきます。私はとりあえず「iPhone Screenshot Maker」のiPhoneアプリを開発しようと考えているので、画像処理の勉強をすることにしました。

そこで今回は先日話題になっていた「蜷川実花監修カメラアプリcameranのエンジニアが教える高速フィルターカメラアプリの作り方」のレジュメを公開します – kasajei(以下、教材)に沿って勉強したいと思います。

丁寧な解説のおかげでまだまだ初心者の私にもスムースに進める事ができました続きを読む

Mac初心者のiPhoneアプリ開発記5 因縁のTwitterビューア

twitter

今回は難しくて挫折していた「iOS 4のSDKで、Twitterを使ったiPhoneアプリを作る」(以下 教材)に再び挑みました。

結論から言えば、前回までのObjective-Cの勉強が功を奏しTwitterビューアを作ることができました。しかし教材とXcodeのバージョンが異なるためトラブルが続出し、かなりハードルが高くなりました。

このハードルを乗り越える工程こそ糧になるとも言えますが、素直に最新のXcode向けの教材で勉強した方が良さそうなので、次回からは違う教材を探します。なのでこの記事に価値があるか微妙ですが、とりあえず記録にしました。

今回、試行錯誤した中で発見した収穫の一つはアップル公式の日本語ドキュメントの存在。きっと当然知ってるはずの存在だったんでしょうね。(;・∀・) 内容もかなり充実しているので、今後探っていきます。

それでは因縁のTwitterビューアに挑みます。 続きを読む

Mac初心者のiPhoneアプリ開発記4 Objective-Cの復讐

objective-c42

前回から10日もたってしまい、ほとんど忘れてる状態からの再開です。今回も引き続きObjective-Cの勉強ですが、徐々に難易度が上がっている気が。(・_・;)

前回は、Xcodeでアプリ開発を始めたもののソースが理解できずに挫折、それではとObjective-Cの勉強を始めました。勉強は@ITの連載「Cocoaの素、Objective-Cを知ろう」に沿って行い、前回は第3回まで進めました。

この連載は全8回ありますが、今回は残りの5回分を一気に疾走します。おそらく本当はもっと時間をかけて身に付けるべき内容。新しい情報が洪水のように押し寄せるので、全てを一度に記憶するのは無理。しかしソースだけはしっかり読んで理解しながら進みました。

最後まで連載を読んで思ったのは、この連載はObjective-Cの全体が網羅できるよう緻密に考えられた素晴らしい内容でした。今後スキルが上がっても、きっと再び読みに戻ることになりそうです。 続きを読む

Mac初心者のiPhoneアプリ開発記3 Objective-Cの壁

Objective-C手探りで進めているiPhoneアプリ開発記。前回は@ITの記事を参考に、Xcodeの使い方を勉強しながらBMI計算アプリを作りました。

コードはまだ理解できずにコピペしてるだけで、そういうもんかと進んでいる状態です。

今回は@ITの連載の続きから行いましたが、結論から言って挫折しました!というのは今回のコード、完全に理解不能なんですね。(;_;)

今までCやC++を触ってきているのに、構文や命令すらほとんど理解不能。@が多用されてるけど、@ってなに!?状態です。

少し分からないなら、そのうち理解できるだろうと先に進むことも出来ますが、全く分からないのにコピペで先に進んでも意味ないです。というわけで今回は一旦Xcodeを離れ、Objective-Cの基礎を勉強したいと思います! 続きを読む

Mac初心者のiPhoneアプリ開発記2 Xcodeの闇の中で

xcode

iPhoneアプリ開発するぞ!と意気込んでMBAを購入したのは1年前。でもAndroidも同時に開発したいし、TitaniumかなぁHTML5かなぁと開発ツールにばかり目がいって、ちっとも前に進まなかった一年でした。

せっかくのMBAも寝ながら用端末に成り下がっていましたが、せめて一歩前に進もうと、とりあえずiPhoneネイティブ開発を勉強することに。そんなわけで眠っていたプロジェクト、Mac初心者のiPhoneアプリ開発記が復活です。

ちなみにXcodeのファーストインプレッションは、右も左も分からないので暗闇を彷徨っているようでした。 Xcodeってバージョンアップでかなり変わるみたい。学習する上で、参照記事と最新のXcode4.6で異なっていた点を列挙しました。 続きを読む

Mac初心者のiPhoneアプリ開発記

この記事は先日購入したMacBook Air(略してMBA)でiPhoneアプリを開発していく記録です。MBAはクラムシェルモードでデスクトップのように使っていきます。

言語経験は C++ がありますが Objective-C は初めてです。Mac歴もOS9時代のMacを仕事で使っていましたが、OSXは完全に初心者。

Windowsはそこそこカスタマイズしているので、MBAも同様の使い勝手までにしたい所です。 続きを読む