Screenshot Maker Pro

iPhone Screenshot MakerにiPhone7を追加しました

iphone7_top

iPhone Screenshot MakerにiPhone7とiPhone7 Plusを追加しました。iPhone7に追加した種類は、縦向き、横向き、斜め左右、3Dそれぞれ5色の計25個です。iPhone7とiPhone6sに大きな違いはありませんが、新色の追加、及びヘッドホンジャックがなくなりました。iOSアプリのSMProも追ってバージョンアップ致します。 続きを読む

iPhone Screenshot MakerにiPhone6sを追加しました

top

iPhone Screenshot Makerに新色Rose Goldが人気のiPhone6sを追加しました。追加した種類は、縦向き、横向き、斜め左右、3Dそれぞれ4色の計20種です。iPhone6sはiPhone6より僅かに大きいですが、外観に大きな違いはないので、黒、シルバー、ゴールドの3種についてはiPhone6と全く同じになります。iOSアプリのSMProも追ってバージョンアップ致します。 続きを読む

iPhone Screenshot MakerにApple Watchを追加しました

1

iPhone Screenshot Makerにご要望を頂いていたApple Watchを追加しました。追加した種類はノーマル3種、Edition4種、Sport5種、3DのSport5種の計17種です。Apple Watchは38mmと42mmの2つのサイズが用意されており、解像度もそれぞれ272×340、312×390と異なりますが、ISMでは42mmの解像度を採用しました。iOSアプリのSMProも追ってバージョンアップ致します。 続きを読む

iPhone Screenshot MakerにiPhone6 Plusを追加しました

6plus

ご要望を頂いていたiPhone6 PlusをiPhone Screenshot Makerに追加しました。追加したのは3色カラーの縦&横置きで計6種類です。iPhone6との外観上の違いは僅かですが、解像度が高い分、フルサイズで大きな画像が出力されます。iOSアプリのSMProも追ってバージョンアップ致します。 続きを読む

iPhoneアプリ開発記 iOS7対応で必要だったこと

mavericks

公開中のiPhoneアプリ『Screenshot Maker Pro』をiOS7対応させるのに必要だった工程です。MACユーザーなら、すでにOS X Mavericksをインストールしたかと思いますが、iOS7に対応するにはXcode5が必要で、Xcode5の動作にはMountain Lion(OSX 10.8.4-)が必要。無料になったMavericksを入れることに。

ネットではiOS7関連の情報も充実してきているので対応は思ったよりスムースでしたが、大規模アプリだと細い所で大変そうだという印象ではあります。 続きを読む

Mac初心者のiPhoneアプリ開発記9 アプリ申請までの道

1

ようやく!初のiPhoneアプリ申請までたどり着きました。名前は『Screenshot Maker Pro』。iPhoneの名称はアプリ名に使えないようで、この名前となりました。審査には2週間程かかるようです。

社会人としては余裕かます必要も感じますが、正直に言うと申請は思ったよりずっと大変でした。しかしアプリを世界中で販売するのですから、これくらいのハードルが必要かもしれません。

Objective-Cでアプリ開発をするだけでも一筋縄ではいきませんが、これから始める人はデベロッパー登録から公開までの道のりも一山あると心しておきましょう。せっかく覚えたので『アプリ1本だけでは勿体ない感』がかなりあります。 続きを読む

Mac初心者のiPhoneアプリ開発記8 設定画面を動的に作る

2前回は設定画面を作るためにストーリーボードやTableViewの仕組みを勉強しました。

TableViewの項目(セル)を作る際に、GUIで設計できるStatic Cellsという機能にも触れましたが、動的に設計する為、とりあえず使わないことにしました。

動的に設計するということは、コードからセルを作成するので状況により項目を変化させることが出来ます。またセルの数が何十となる場合は動的に作ったほうが楽です。

というわけで今回は、動的に設定画面を作る手順を追ってみます。プログラム経験が少なく具体的な設計方法がイマイチな人に参考になるハズ続きを読む

Mac初心者のiPhoneアプリ開発記7 設定画面を作る

1

今回はツール系アプリなら装備しておきたい、いわゆる設定画面を作ります。今後アプリ開発を続けるなら、ここを避けて通ることは出来ないでしょう。

私が最初に作るアプリはiPhone Screenshot MakerのiOS版にしようと考えていますが、基本機能であるカメラロールから画像を選びUIImageで合成後に保存。この流れでテストは成功しました。

さて次は設定画面。よく見る普通の設定画面って一体どうやって作ればよいの? ここから長い道のりとなりました。 続きを読む

iPhoneのスクリーンショットをD&D一撃で綺麗にするWEBサービスつくりました

iPhoneのスクリーンショットにフレームを追加したり、いらないステータスバーをカットするWEBサービスを公開しました。実は同じ機能のiPhoneアプリが既にあるんですが、PCとiPhone両方から使えるWEBサービスも意義ありげだなと。なので、iOS6のSafariでもバッチリ動いてくれます。

コダワリのポイントはやはり出力画像のクオリティ。フルサイズで舐めるように見ても大丈夫。アルファチャンネル付きのPNGファイルで出力されるので、影も綺麗に透過され使い勝手が良いかと。

あと使いやすいように、沢山の画像を一度にアップして処理できるようになってます。では実際に使ってみます。 続きを読む