考え方

超落ちてました

ブログ、しばらく休憩してました。前回の記事では「いろいろあって・・・」なんてお洒落に書いてますが、実はすこし大変な時期でした。

すべてに熱意を失っていたんですね。 続きを読む

モチベーション維持と大人の考え方

1

最近気になった名言集。先日まで期間限定で公開されていた『村上さんのところ』には名言が沢山ありました。サイトをクローズして書籍化するビジネスもなるほど!という感じ。

今回まとめた名言は『村上さんのところ』だけではないですが、全体のチョイスを見てみると、いまの自分にはモチベーション維持や大人としての考え方なんかがホットな話題のようです。 続きを読む

思考は現実化する

1

現実化するので気をつけよう。 続きを読む

諸行無常

1

羽生さんの決断力

a

私は将棋が指せないくせに何故か棋士に憧れがあって、羽生さんの本を何冊か読んできた。もちろん『3月のライオン』とかも大好物だけど、それはとりあえず置いといて、なぜ興味を惹かれるのかを考えてみると、黙々と思考という一点で、プログラミングとかのエンジニア気質に繋がるからかな?と感じてる。

羽生さんの本は私にとってハズレなく面白いんだけど、直前に読んでる『決断力』から、日常的にひっぱれる教訓というか名言を。 続きを読む

追求しちゃう性格の落とし所

Screamadelica

わたしは仕事でも趣味でも、何かにハマりだすと、それなりに追求してしまう性格だ。

例えば部屋の片付けにしても、今まで放おっておいたくせに、掃除し始めるとやけに細かい所まで気になりだし、それが解決できないと納得できなくなる。問題解決のためなら時間とかお金とか、それなりの犠牲を払ってもいいと思い始める。今まで気にならなかったくせに! 続きを読む

ホッチキス芯のアイデア

1

ホッチキス芯の最後を知らせる『ALERT Staples』。なるほど便利かも!と気になりました。ホッチキスは何十年も使われてきた道具なので、新しいアイデアはもう出尽くしてると思うんですが、このアイデアなら、あるいは既にメーカーで検討されていそう。ホッチキスを使う側、書類を見る側、どちらへの配慮を優先すべきか考慮した結果採用していない?なんて想像をしました。 続きを読む

なぜ茶碗は区別するのに洋食器はしないのか?

1もし自分の茶碗をほかの家族が使ったらどう思うか。それが家族であっても何か嫌だよね。

でもカレー皿とかの洋食器は共用だよね?という文に出会った。たしかにそうだ。 茶碗には自分のもの!という意識があるなぁと、ちょっと考えることになった。

元の文は、図書室の本には書き込みしないでという、ごく当たり前の注意を促すページにある。

そのぺージは一橋大学大学院国際企業戦略研究科図書室のサイト内にあるが、 そのごく当たり前のモラルの説明が、ターゲットの知的レベルが高いからか妙にアカデミックなのも、何やら矛盾してて一つの見所ではあるけれど、それは取り敢えず置いといて茶碗について。 続きを読む

トロッコ問題を子供に尋ねられたら

tumblr_mlgdjuhKBj1qzezhmo1_500

タンブラーに流れてきたトロッコ問題。忘れた頃にやってきて毎回考えてしまう。作業員に知り合いはなく、彼らの社会的地位なども考えないとする。 続きを読む

ネガティブ思考は追わない「楽天主義セラピー」

1既に絶版の「リチャード・カールソンの楽天主義セラピー」の感想です。著者は「小さいことにくよくよするな!」で有名ですが、本書は「思考と気分のメカニズム」の解説が素晴らしいと評判だったので、アマゾンで中古を買って読んでみました。

「小さいことにくよくよするな!」の方は100のアドバイスから構成されており、どこからでも手軽に読めるスタイル。私も読みましたが、私には楽天主義セラピーの方が数段向いていました。おそらく物事を仕組みから理解したいタイプの人に向いてます。

不機嫌な日がかなり減りそうです。 続きを読む