自然

まるで海のような嵐雲

1

雲がまるで海のよう。CG並の迫力が飲み込まれそうで恐ろしい。米国ネブラスカ州で撮影された嵐の写真。画像調整はコントラストとシャープネスのみでHDRは行っていないようです。redditユーザjebleezさんの撮影です。 続きを読む

カヌーが森に浮いてる!怖ろしく透明な湖

1

恐ろしく澄んだ湖。まるでカヌーが浮いているみたい。イタリアのマテーゼ湖という場所で、カヌーの後ろの棒の先端にGoProが設置されています。Cristian Perrellaさんが撮影されました。Google Mapで見てみると湖が透明すぎるのか、水草がそのまま見えて、ただの森に見えます。 続きを読む

インドネシアのモノクロ写真

1

インドネシアの写真家 Hengki Koentjoroさんの作品。自然の切り方とモノクロの相乗効果がとても落ち着く。センスがアジアっぽくない洗練された印象で、どこか西洋の場所かな?と思いましたが、インドネシアの自然が主な対象のようで、時折現れる東洋っぽい建物に意外性を感じました。 続きを読む

人の大きさから、いかに壮大か伝わる写真

3
ユタ州 アーチーズ国立公園 | credits: Marsel Van Oosten

米粒のような人の大きさから自然のスケールが伝わる写真。目を凝らさないと人が見つからない物もあります。かなり離れて撮影する必要がありますが、大自然に行ったらこんな風に撮ってみたい。
続きを読む

凄いカモフラージュ。この擬態もはやアート

2

タコやカメレオンみたいに色を変える擬態も驚愕すべき能力ですが、このカモフラージュも凄い。藻の生えた木と質感も一種。拡大写真を見るとCGみたいで、生物というか進化って本当に凄いですね。Orache Mothという種類だそうで、FreezingGlareさんによる撮影です。 続きを読む

毒々しいけど美しい!不思議な色のサンゴ礁

b

海洋生物学者のDaniel Stoupinさんによるサンゴのマクロ写真。細胞のCGを見てるみたい。サンゴってうねうねビッシリしてて気持ち悪いような、それでいてカラフルな花のように美しくて、好き嫌いが分かれそう。しかし何なんでしょうね、この色は。 続きを読む

僅かに水の流れが聞こえそうな写真

5

静まり返った無音の世界に僅かに水の音が聞こえてきそうなDaniel Harðarsonさんの作品。氷雪の切れ目が大胆にトリミングされててまるで抽象画のようです。心の落ち着く写真っていいですね。 続きを読む

ハンガリーの音のない雪景色

1

ハンガリーの写真家Akos Majorさんの雪の写真”Lumen”。雪のクリアな空気感や静寂な印象を受けます。同じ作者さんの”White”という作品を以前紹介しましたが、今回の”Lumen”は人工物が増えおり、タイトルは光束の単位ということで、やや科学的な感じがするかな? 続きを読む

ロシアの雪の結晶

top

ロシア人フォトグラファーAlexey Kljatovさんによる雪の結晶のマクロ写真。雪の結晶には2つと同じ形がないと言いますが、結晶の形は雪が降りてくるまでの大気の状態により数種類のパターンに分かれるそうです。「世界に同じ石は2つとない」と同じ感じですね。

Alexeyさんの写真は寒色系の色合いで静かな印象ですが、同じくロシアのAndrewさんの雪の結晶の写真はもう少しダイナミックで、同じ雪の結晶でも作風によって表情が変わるので面白いです。Andrewさんの作品はページ最後にリンクしました。 続きを読む

現実とは思えない世界の風景

3
ロライマ山 南アメリカ credits: imgur.com | Uwe George

映画のセットのような、まさに現実とは思えない光景。中国の写真は環境汚染かと思ってしまうほど鮮やかですが自然現象です。ベトナムのソンドン洞窟って相当でかいですね。全部とは言わないけれど1つくらいは生で見てみたい。 続きを読む