まとめ

GoProアワード作品サクッと見ておきたいベスト10

top

すごい人気であっと間に市民権を獲得したGoProですが、去年から『GoProアワード』という制度が始まったようです。これはGoProで撮影された優秀な作品に賞金がもらえる制度で、YouTubeには既に沢山の作品がアップされています。今回GoPro公式からセレクションされた動画のうち、個人的に面白かったものを集めてみました。全部1、2分に編集されているのでサクッと見れます。 続きを読む

2014年の人気記事ベスト10

13

昨日は話題になった記事をまとめましたが、今日は実際のアクセスランキングであります。本当は数年前の記事もランクインしていますが、今年公開した記事のみ対象にしました。

当ブログも4年目ということで、いよいよ中堅ブログなわけですが、「これは人気でるな」とか記事公開前に分かるかというと、実のところ全く分からないというのが、まとめみると身に沁みる感じであります。 続きを読む

2014年の要チェック記事まとめ

114

2014年に公開した363記事の中から、話題になった16記事をまとめてみました。当ブログらしくジャンルはバラバラですが、「おっ!」となるのがあるかもです。 続きを読む

近年買って良かったものベスト10

1

『今年買って良かったものベスト10』で記事にしようかと思ったんですが、調べてみると10個に届かなかったので、近年ってことで。今年はXP→Macに移行したので、その関係でPC周辺機器が多めであります。 続きを読む

ファミコン〜プレステまでの当時のCMまとめ

r-type

ゲームハードの当時のCMが懐かしくて面白かったのでまとめ。画質もVHS!って感じで。当時はメガドラ・スーファミ・PCエンジンがライバルって感覚だったけど、PCエンジンってかなり発売早かったんだね。 続きを読む

iPhone6の240fpsスローモーション動画まとめ

a

iPhone6は3日で1000万台も売れて、APPLEによると歴代最高だそうで、iPhone10とかどーなってるの?とも思いますが、このまま右肩上がりが続くのでしょうか。ここ連日はネットも6関連の話題が多く、iPhone 6 Plusは、曲がるとか、ちょっと怖いですね。曲がるくらいならNexus7みたくプラスチックの方がいいかもな。質感は下がりますが。

それでiPhone6なんですが、毎度ながら着実にカメラ性能が向上しており、今回は720pで240fpsというスローモーション撮影ができます。以前からコンデジでもスローモーション撮影ができる機種がありましたが、コンデジに比べメモリに余裕があるからか、720pという高画質はとても実用的。

「でも何を撮影したらいいかな?」と被写体には困りそう。Youtubeに続々と試し撮りがアップされております。 続きを読む

色あせないFatboy SlimのPVまとめ

1

懐かしいファットボーイ・スリムのPV、個人的に好きな12本をまとめてみました。ストーリー分かりやすいのが中心です。全体的に古いので画質が悪いのはご愛嬌ということで。

全部見ても1時間ほどですが、未見の方は密度の濃い時間になるハズ。2007年にベストDVDが発売されており、そちらには20本収録されております。 続きを読む

2013年の人気記事ベスト10

plusfire日刊でつづけている当ブログ、いつも読んでくれてありがとうございます。実は今月1日に3年目を迎えました。

初年度はほとんどアクセスがない状態で手抜き記事も多かったのですが、今年はアクセスも増えました。毎日見てくれる人がいると思うと「いい加減な事は書けない」と身が引き締まりました。

「読者にとって価値がある」というのを突き詰めると、私の個人的な雑感にそれほど価値が見いだせず、書きたいことを書けばいい。という気楽なスタイルとのバランスを考えることも多く、読者さんという存在に大きな影響を受けた1年でした。では2013年のアクセストップ10を発表したいと思います。 続きを読む

裏おすすめ映画ベスト12

1

お気軽に人に薦められない、事前にその人の属性チェックが必要そうな『裏おすすめ映画』を個人的にチョイスしてみました。

恋人と家で見たらその関係によっては会話がなくなる可能性も。娯楽要素は薄く反社会的な作品を含みます。R指定かもしれない。 「ムカデ人間気になるぜ!」とか「Saw笑えるよねー」みたいな感覚の人に良いかも。ちと危険なセレクトです。 続きを読む

それでも私はブラッカイマー映画の音楽を聴く

1

『トップガン』とか『フラッシュダンス』と聞いて胸アツになるのは世代が限定されるとは思いますが、風邪で寝込んで久々にフラッシュダンスを見てて、やっぱ今聞いても音楽シビれるなぁと。シンセ音に時代を感じるけど。

映画にトレンディな音楽を導入したり、派手でテレビ的な演出を与えたジェリー・ブラッカイマー。

彼は「映画は娯楽でいーんだよ!」主義で、『ザ・ロック』の、さながらUSJアトラクションのようなアルカトラズにツッコミなんて入れてないで、単純に「メイソンすげー」でいいんだと。そんなわけでアンチも多いらしいが、私はまぁそれはそれで楽しめればいい。

そんなわけで幾つか代表的なのを。古いのだけ。 続きを読む