スタートレック

男らしいミスター・スポック

star

「長寿と繁栄を」 続きを読む

エンタープライズD散策ツアー

top

スタートレックの宇宙船エンタープライズDをUnreal 4 Engineで再現しているプロジェクト『EnterpriseD 3D Project』。ゲームではありませんが、トレッキー魂が炸裂している超絶クオリティなのでぜひ動画を。エンタープライズDは、セクシーなスキンヘッドでお馴染みピカード艦長が指揮する『The Next Generation』シリーズの船です。

動画はシャトルが艦内に入っていく所からスタート。シャトル内のコンソールやトラクタービームで誘導される点など芸が細かく、シャトル格納庫の出来も凄すぎ。艦内の各部屋から見える恒星の位置の変化などは本編よりリアルそうです。そのうち公式からお声がかかりそうなプロジェクトであります。 続きを読む

エンタープライズの認識結果

1

スタートレックTNGのOPをディープラーニングを用いて画像認識する動画。微妙に外してますが悪くない精度と、TNGというチョイスがナイスです。認識ライブラリはILSVRC12とありますが、どうも宇宙関係の識別は若干弱いようで、エンタープライズはODOメーターやCDプレイヤーに見えるようです。CDプレイヤーw 続きを読む

スタートレックTNGといえばライカー副長No.1

1

コアなトレッキーによるスタートレックTNGのスピンオフ作品。この話はライカーが主役、スタイリッシュなOPと落ちのギャップが笑えます。謎の生物は90話の「ギャラクシー・チャイルド」からですね。作者はJan van den Hemelさん。Youtubeチャンネルには他にも30話近くアップされています。 続きを読む

お洒落エンタープライズ寿司セット

1

でましたU.S.S.エンタープライズ寿司セット。TOSエンタープライズですね。寿司とのコラボは想像外でした。円盤部が醤油皿、ナセルには青い箸を収納するという、つくづく日本人には出来ない発想だなと。サンプルの写真では醤油がなみなみと注がれ、相応の緊張感を持って挑まないと溢れそうであります。

販売元Think Geekの説明によると公式の寿司セットだそうです。オンライン通販での値段は$34.99。高いのか安いのか感覚が分かりませんが、このアイテムを使いこなすには相応のレベルが必要でしょう。 続きを読む

これであなたもピカード艦長、スタートレックTNG iPhone/iPad壁紙

1

いまだ根強いファンがいるスタートレックTNG。作中にはiPadみたいな端末も出てきましたが、作中に登場するパネルデザインはLCARSと呼ばれています。

そのLCARSのiPhone/iPad用のTNG壁紙。Ged Maheuxさんが作成されました。カラーリングはTOSとTNGの2バージョンが用意されてます。 続きを読む

小さな世界と大きな世界

1

超新星や星雲、銀河などをティルトシフトにより微生物のように仕立てた『Illuminated Code From Space』。イタリアの写真家 Haari Teslaさんの作品です。人間を中心に観測される小さな世界と大きな世界。微生物の世界と宇宙の間に類似点があったりして不思議な気分になります。

『火の鳥 未来編』にもそんなシーンが登場しますが、個人的に好きなのはスタートレックTNGの第6話『宇宙の果てから来た男』で、 スタートレックの世界での最高速度ワープ10を超える方法を若きウェスリーが発見するんですが、その方法は思考のパワーだったという話。そもそも人の思考によって現実は構成されているという逆転の発想が衝撃的でした。 続きを読む

文化の違い?リアルなケーキ

top

ケーキで出来たリアルな模型。箸などの小道具も食べられるそうです。ケーキデザイナー Debbie Goardさんの作品。ケーキデザイナーなんてあるんだという感じですが、そういう習慣なんでしょうね。すごいテクニックで本物と見違えるようです。 続きを読む

12月なので笑える画像いってみよう!

top

始まったと思った12月もあっという間に終わりそうです。今年もいろいろ苦しい事もありましたが最後は笑って終わりましょう。というわけで毎度のこじつけですが、笑える画像10連発です。 続きを読む

新スタートレックのコラ

1

とっても趣味的なエントリーで恐縮なんですがスタートレックネタ。OSTユニフォームを身にまとったTNGレギュラー。コラなんですが出来が良すぎてビビリます。ライカーちょっと痩せ気味。

スタートレックは各シリーズ何週も見てるんですが、見てる人少なくて、たまに知ってる人がいても「なんか宇宙人でてくるやつ」くらいの認識で寂しかったり。ピカード艦長セクシーだよん。 続きを読む