ドット絵

美しすぎるドット絵ゲーム『MegaSphere』

top

ドット絵のグラフィックが美しすぎるゲーム『MegaSphere』。ひと目で気に入りました。細かすぎる動きも見てて気持ちよし。プラットフォームはiOSかと思いきやPC/UnityでWin/Mac/LinuxとOSは選びません。基本はSteamで配信とのことですが単独ダウンロードも可能。現在開発中ですがこちらでデモが落とせます。価格は$14.99USDとのことで、かなり惹かれる出来です。 続きを読む

ドット絵がカワイイ『Pixel Art』

1

スペインのアーティストOctavi Navarroさんによるドット絵風イラスト『Pixel Art』。色合いやタッチが可愛いですね。一枚一枚にストーリーがあって見応えもあります。タンブラーにて作品を公開されています。 続きを読む

ドット絵vs現実

1

懐かしストIIからエドモンド本田の百列張り手が炸裂してますが、あのボーナスステージをリアルで再現するとこうなります。残念ながらセルシオではありません。

これらはドット絵と写真を合成したEduard Mateoさんの作品。比較的古いゲームキャラなので元のゲームを知らない人も多いかもしれません。久しぶりに光線銃がやりたくなった。 続きを読む

ギリギリ認識できる?8bitキャラ

25

ファミコンのドット絵キャラにモザイクかけても意外と認識できるじゃん的な作品。キャラクター名も載っているので何となく認識できますが、なかったら特定は至難の業かと思います。私はレミングスなら分かったかなという感じ。ちなみに”Toad “はキノピオ、”Bowser”はクッパ、”Mega Man”はロックマンです。 続きを読む

ファミコン8Bitドット絵じゅうたん

1

ファミコン時代のドット絵キャラクターのラグ。ハンドメイド作品でEtsyから購入できます。どれが欲しいかな・・・地味にクリボーかも。

作者サイトにはファミコンキャラ以外にMinecraftのラグもありました。 続きを読む

現実に打ち込むドット絵職人

12

この写真は解像度が低いわけではなく、現実でドット絵を再現したアメリカ人アーティストShawn Smithによる作品。 一つ一つのドットは色つけされた木片で、作品は立体物なので”pixelated sculptures”と名付けられています。最初はレゴかなと思いましたが違いました。

作者によると、これらの作品は掴みどころのない現実とデジタルの交差点を探る試みであり、我々がPCで自然の写真を見た時、それは画素の集合であるが、いかにして我々はテクノロジーを通して自然を体感しているのかという興味が作品のアイデアとなっているそうです。 続きを読む