ミニチュア

超精巧ミニチュア街とロードスター

1

ノルウェーのデザインスタジオ『Skrekkøgle』によるプロジェクト『Big Money』。車内までよく作りこんであります。 続きを読む

ミニチュアの中の戦争

1
天安門事件 Stuart Franklin, 1989

スイスで活躍されている写真家 Jojakim CortisさんとAdrian Sondereggerさんが始めたプロジェクト、歴史上の高価な写真にお金を払うくらいなら真似をしようとミニチュア作りを始めたそうです。

最初は遊び半分という部分もあったようですが、ミニチュアの出来は相当なもので、天安門のバックにあるバスとか、コンコルドの炎とか、最初に見たときは出来が良すぎてミニチュアに見せかけたCG?と思いました。この情熱、素晴らしい。

続きを読む

本と知識のミニチュア

1

部屋というか建物の断面のミニチュアなんですが、只ならぬストーリーが展開されており見応えあります。フランス人アーティストMarc Giai-Minietさんの作品。サンタクロースみたいなおじさんです。

どうやら本や知識がテーマのようです。本がダイレクトに脳に注入されていたり、地下で焼却されていたり。記憶と忘却的な流れが表現されてる気もします。

続きを読む

手のひらサイズのバーガーセット

1

ミニチュアのバーガーセット。以前紹介した食欲をそそられる美味しそうなミニチュアは模型でしたが、こちらは本当に食べられます。お腹減ってたら100セットくらい食べられそうだ。

材料は baby onion, american cheese, baby gherkin, homemade bun, handcut friesというわけで、味も100%再現されております。作るのも楽しそうですね。 続きを読む

食欲をそそられる美味しそうなミニチュア

1

精巧に作られた肉や魚、パスタやフルーツなど食べ物のミニチュア。イスラエル Shay Aaronさんの作品です。手のひらサイズですが色鮮やかで本当に美味しそう。これぞ職人芸ですね。Etsyにて2,000円くらいで販売もされており、既に6,700個売れているようです。 続きを読む