ライティング

強力LEDライトをドローンから照射して夜間撮影した写真集

1

ドローンから空撮する作品はメジャーになってきましたが、ドローンに強力なLEDライトを搭載して夜間撮影した写真家Reuben Wuさんの作品。カメラは『PhaseOne XF 100MP』『Leica M-P 240』『Canon 5D Mark III』を使用。使用ドローンは『3DR Solo Drone Quadcopter』、LEDライトは『AL250』だそうです。このアイデアによって夜間撮影の幅が広がりそうです。 続きを読む

凄すぎて意味不明 ニューラル・ネットワークでライティングを後から変更する技術

1

SIGGRAPH 2015で発表されたニューラル・ネットワークを用いたイメージベースのリライティングシステム『Image Based Relighting Using Neural Networks』。複数の画像を用意することで、上のGIFのようにライティングをあとから変えられるというテクノロジー。Microsoft Research Asiaからの発表です。

画像を元に3Dモデルを作成しているわけではなく、あくまで画像ベース。影や光沢の変化はニューラル・ネットワークで演算しているようです。3Dではない平面画像から作成されたとは思えないクオリティ。極めて自然で実写としか思えません。凄すぎ。

インプットとなる複数の画像とは、あらかじめ各方向からライティングされた画像で、それを元に中間画像を補完している?と憶測できますが、ライトの特性を掴み出すのにニューラル・ネットワークを用いるのでしょうか。技術の当てもつきません。 続きを読む

氷の亀裂をライティングで見せるアイデア

1

ロシアのバイカル湖にて撮影された車の広告写真。ライトによって浮かび上がる氷の亀裂が格好いいです。 厚さ約1メートルの氷上にライトを埋めるために穴を掘って撮影されています。

まったく同じ写真を撮るのは環境的にも難しいですが、ガラスのひび割れやアクリル樹脂の作品などを効果的に見せるアイデアとして、ライトを埋め込むアイデアは参考になります。いつか役に立つ時がくるかも。 続きを読む