ロゴ

ロゴデザイン by Martina Kovačević

1

セルビア人デザイナーMartina Kovačevićさんによるロゴワーク。ほのかな温もりがすき。 続きを読む

フォントの達人フリーハンド・ロゴ

1

フリーハンドで有名なロゴをサクッと描く、英国のグラフィックデザイナーSeb Lesterさん。ロゴは少しズレただけでも違和感がでますが、簡単そうに一刀両断してます。ペンの使い方とか記憶力とか凄すぎます。

ナイキやインテル、ニューヨーク・タイムズなどの有名企業のカスタム書体も開発されているとのことで、フォントのスペシャリストですね。 続きを読む

文学✕コミックのロゴTee

1

面白いかもw。文学とコミックをマッシュアップしたロゴシリーズ。天久聖一+ヨシマルシン作、来夢来人レーベルで、TEE PARTYさんにて購入可能。頭文字Dがなぜ車輪の下! 続きを読む

よく見るアメリカンなビンテージロゴ・バッジ素材

1

アメリカンビンテージなロゴやバッジが合計155+テクスチャー6個が入ったダウンロード販売の素材集。現在、期間限定で半額セール9ドルで購入できます。

生データがあれば最高ではありますが、この手のロゴが欲しい時って多々あるので、画像だけでも十分参考になりそうです。 続きを読む

あの企業のロゴの歴史

pepsi

誰もが一度は見たことのあるロゴの歴史。どのロゴも着々と良くなっている感じがします。変更点はその時代のセンスを反映していたり、シンプルになったり、丸みを帯びたりと様々。大企業だって最初は誰も知らない所からスタートする訳ですが、有名になればロゴに要求されるニーズも変化するし活性化にもなる。サービス運営してる人は、たまにロゴ変更を考えてみても良いかも。ちなみにPEPSIは1973年のが好き。 続きを読む

限界までシンプルにした動物のロゴ

1

デザイナーGeorge Bokhuaさんの作品。単色ですがネガティブスペースを巧みに使っており究極にシンプルな形になっています。これ以上特徴を削いでしまったら認識できなくなる限界点といった感じ。何が残すべき特徴で何が不必要か、そんな視点で周りを眺めてみるのも面白いです。 続きを読む

Google画像検索で高解像度のロゴのみをザクザク見る

ロゴ制作時に使えるTIPSをご紹介。

アイデア捻出とかでロゴをザーッと見たいとき、Google画像検索で検索ワードに「logo」とか入れて検索すると思います。

そこに「filetype:svg」を追加してファイル形式を「SVGファイル」のみに制限することで、高解像度のロゴのみを検索できます。

サンプル

でも、SVGファイルって何でしょうか? 続きを読む

心の引き出しを増やす7つのデザイン

最近の例でいうとTwitterのロゴなども心理学が作用している好例です。新しいロゴはより形がシンプルになって、角度が変わっています。鳥が見上げるような形は、Twitterの持つポテンシャル・輝かしい未来を表しています。潜在的に記憶に残り忘れがたいロゴになりました。

【ロゴデザインの心理学】色と形がもたらす心理作用(ソシャマノート) – BLOGOS(ブロゴス)

最初のロゴだけだとダサく感じないのに比べてみると断然良くなってる。これ以上望めないと思ってからが勝負。

続きを読む

ゲーム好きなデザイナーはidea今月号に注目

今月のアイデア5月号(idea 352)はゲーム特集で、ゼビウスやドルアーガの塔と言った随分懐かしいアーケード・ゲームから、リッジレーサーやバーチャロンなどの近年のゲームまでのロゴデザインを特集している。

メーカーとしてはバンダイ、カプコン、セガの3社で、セガに至っては往年の体感ゲームの写真もあって面白い。 続きを読む

僕らの未来はすでに過去のものだった

ブレードランナー 商品イメージブレードランナーのシド・ミードとリドリー・スコットによるスケッチがフリーで公開されていたので紹介します。 続きを読む