ロシア

凍った池に落ちたイヌの救出劇

ice

イヌも混乱しているのか裸になってまで助けてくれているおじさんに噛みつきます。それにもめげず助け出すおじさんは凄い。ロシアのコストロマという街で起きたハプニングでした。落ちたときの為に裸になっているんでしょうが、その覚悟と優しさ。見習いたいものです。 続きを読む

食べるのをためらうケーキ

1

美しすぎて手をつけられない。これらはロシアの菓子職人Olga Noskovaさんが作っているケーキの数々で、彼女のインスタグラムにて公開されています。 続きを読む

ロシア海洋画家 Ivan Aivazovsky

1

海の透明感が綺麗だなと目にとまった作品。ロシアのIvan Aivazovsky(イヴァン・アイヴァゾフスキー)という画家で、1900年に亡くなるまでに6000点を超える作品を残したそうです。あとロシアのすべての画家の中で最も贋作が多いとか。有名なんですね。 続きを読む

ニューラル・ネットワークの美的感覚

1

2つの画像をニューラル・ネットワークを使って合成させるロシアのプロジェクト『Ostagram』。隅々まで配慮が行き届いた凄いクオリティで、まるでプロの画家が描いたようです。双方の特徴が見事にピックアップされています。

GoogleのDeepDreamも同じように画像から特徴を抽出しますが、出力される絵はまるで悪夢のようで、人間的な美的感覚が通用しない感じがありました。そこがまたAIっぽくもありましたが、Ostagramの出力結果は、質の良い作品が抽出されているとはいえ、美しさを感じます。

リンク元には60を超える作品が掲載されておりますが、どれも見事な出来栄えです。人が美しいと感じるものをAIが作り出せる未来。いずれ小説や映画もAIが作ったほうが面白いという時代がきそうです。 続きを読む

デザインがカッコいい!ロシアのトラム

1

先日公開されたロシアの路面電車『R1(RUSSIA ONE)』。R1って感じするわーというモダンなデザインで、2017年から実際に走るそうです。SF映画や近未来FPSにでてきそうでカッコイイ。コックピットや内装のデザインも公開されおり、UIやゲームのデザイン参考になりそうです。 続きを読む

ロシアの心地よい色彩

1

今日のお気に入り。ロシアのValery Khattinさんの作品。なんとなく女性かな?と思いましたが男性の方です。

個人的にロシアのアートで真っ先に思いつくのは映画の『惑星ソラリス』なんですが、冒頭で水草がユラユラと川の中を漂うシーンに不思議な魅力があります。生命力を感じるとかではなく、色彩と動きが落ち着くのかな。理屈を探すのが難しい。 続きを読む

素材を活かしたロシアのストリートアート

8

剥げた壁や路上のクラックを活かしたロシアのストリートアート。ロシア人アーティスト Alexey Menshikovさんの作品。

スポンジ・ボブは意図的に描いたとしか思えないほどラッキーなペンキ跡ですが、アングリーバードのチョイスとかキャラセンスがかわいいです。今後のスマホアプリ定番キャラには『Flappy Bird』も加わりそうです。 続きを読む

命知らずなモスクワのRoof Topper

1

ビルの上ギリギリに立つ危ない人達を海外では尊敬の意?を込めroof topperと呼ぶそうで、これはロシアのルーフトッパーKirill OreshkinさんとMustang Wantedさんの写真。危険な状況なのに妙にすました表情がキアヌっぽくて素敵です。

もはや若者とは言えなくなった身からすると「もしもの事があったらどーすんだ」とか「ちゃんと許可をとってるのか」とか、安全を考える大人の意見が頭をかすめつつ、やはり彼の度胸には驚かされますし、見たことのない写真には価値があるとも思います。若い時は反体制のほうが健康的かもですね。 続きを読む

ロシアの雪の結晶

top

ロシア人フォトグラファーAlexey Kljatovさんによる雪の結晶のマクロ写真。雪の結晶には2つと同じ形がないと言いますが、結晶の形は雪が降りてくるまでの大気の状態により数種類のパターンに分かれるそうです。「世界に同じ石は2つとない」と同じ感じですね。

Alexeyさんの写真は寒色系の色合いで静かな印象ですが、同じくロシアのAndrewさんの雪の結晶の写真はもう少しダイナミックで、同じ雪の結晶でも作風によって表情が変わるので面白いです。Andrewさんの作品はページ最後にリンクしました。 続きを読む

散々見てきた雪の結晶の写真だけどこれは凄い

雪の結晶は芸術的な規則性が美しいので、今まで沢山のアート写真が撮られてきて正直マンネリ気味ですが、 Andrew Osokinさんの作品は頭ひとつ抜けてます。

ロシア人の方なので雪の知識が深いのか、あまり見たことのない結晶の側面です。 続きを読む