ローカライズ

Cocos2d-xでiPhone&Androidアプリ開発記7 ローカライズとアイコン組み込み

gizmo

ようやく初めてのcocos2dxアプリが完成しました!

アルファベットを組み合わせて英単語を作るゲームで、英語圏ではワードゲームといってメジャーなカテゴリーなんですが、ある程度のボキャブラリーが要求されるのでネイティブじゃないと結構辛い。

というわけで簡単な英和辞書を内蔵してます。『英単語ギズモ』ってアプリ名でiPhone&Androidで近日中に公開します。

今回は英語版も同時に作っており、Android+iPhoneで英語+日本語版の計4バージョンを作った事になります。cocos2dxは殆どの部分を一つのソースで開発できますが、ローカライズやアイコン設定などはプラットフォーム毎に設定します。今回はローカライズとアイコン組み込みについて。 続きを読む

Mac初心者のiPhoneアプリ開発記 リリース後の反応

512

実は先日8/9に『Screenshot Maker Pro』がリリースしました。特にブログでは発表しませんでしたが、12日にはリニューアル式さんに紹介して頂きました。ありがとうございます。

初のiPhoneアプリで全く感触が掴めないので、しばらく何のアピールもなしで、純粋にApp Storeで公開されただけで、果たしてどれほどダウンロードされるものなのか、In-App Purchasesが売れるものなのか見てみようと。

ちなみに過去のWEBサービスやソフト販売の経験、そしてWEBで公開されている他のアプリ作家さんの記事から見ても、過度の期待はしていませんでした。

まだ1週間経っていないですが、現状で感じたことを。 続きを読む

Mac初心者のiPhoneアプリ開発記9 アプリ申請までの道

1

ようやく!初のiPhoneアプリ申請までたどり着きました。名前は『Screenshot Maker Pro』。iPhoneの名称はアプリ名に使えないようで、この名前となりました。審査には2週間程かかるようです。

社会人としては余裕かます必要も感じますが、正直に言うと申請は思ったよりずっと大変でした。しかしアプリを世界中で販売するのですから、これくらいのハードルが必要かもしれません。

Objective-Cでアプリ開発をするだけでも一筋縄ではいきませんが、これから始める人はデベロッパー登録から公開までの道のりも一山あると心しておきましょう。せっかく覚えたので『アプリ1本だけでは勿体ない感』がかなりあります。 続きを読む