広告

ラジオからSiriハック

1

スウェーデンのトヨタが実施したラジオ広告が最先端で驚き。完全にiPhoneのSiriのみをターゲットにしており、「Hey Siri」でSiriを起動した後、勝手に機内モードに切り替えます。iPhoneの機内モードは通話やWiFiなど全ての無線通信がOFFになるので、運転中にスマホを触るのは危険なので止めましょうというサジェストです。

公共の電波によるSiriハック。新しい時代を感じさせる面白い広告だと思いますが、「運転中にタッチ操作しない為のSiriなのに勝手に停止させるな!」というユーザーも少なくないはずで、この広告を流したのはそれなりに冒険だったような気もします。 続きを読む

島かと思ったら巨大な動物だった

1

島かと思ったら巨大な動物だった・・・。というエクアドルの観光広告。クオリティ高いです。ブラジルのスタジオManipulaによって制作されました。動物は3DCGのようで、ポリゴンモデルのスクショが公式サイトに載っています。拡大しても本物のようにリアルです。

元ネタはErik Johanssonさんのアイデアかな? 続きを読む

マーフィの法則みたいなあるあるイラスト

1
マクドナルドへの愛のグラフ

真実だけど表立って言えない的な皮肉っぽいテーマや、マーフィの法則っぽいあるあるイラスト集。デンマークのMikael WulffさんとAnders Morgenthalerさんが作成したイラストですが、世界中で同じ現象が発生している模様です。

マーケティングや広告の、仕掛け側に回って初めて見えてくる巧妙な表現や罠。嘘を嘘と見抜ける力を養うためにも、このような視点を養うのは必要なのかもしれません。 続きを読む

間違って浮上した潜水艦

1

イタリア・ミラノの広場に間違えて浮上してしまった潜水艦。「あなたはいつ予測できないアクシデントに巻き込まれるか分からない」という保険会社のプロモーションです。広告代理店”M&C saatchi milano”による保険会社のマーケティング。事故の描写が直接的だと嫌らしさを与えてしまうので、ユニークを交えた巧妙さが光っています。

実際のプロモーションは相当凝っていたようで、朝早くスマート(smartfortwo)に乗った男性が事故にあい、相手を見て騒然。というシーンからスタート。警察や救急車も駆けつけ、最終的に通行人の好奇心に火をつけます。動画を見ると映画のような迫力です。ネット拡散も狙ってると思われますが、莫大な予算をペイできるのでしょうか。 続きを読む

WWFのシンプルな主張

logo

WWF(World Wide Fund for Nature)世界自然保護基金の広告です。WWFの広告はいつも何かヒネリが加えられており、気を引かれますし考えさせられます。今回はシンプルなイラストという視点で集めました。最後の漢字の広告以外はイラストのみで言語を選びません。 続きを読む

銃規制を訴えるCMの巧妙さとGIFアニメとの相性

1

  続きを読む

ロンドンのメタルギア ライジングの広告がカッコイイ

1

ロンドンの壁画家チームEndoftheLineによる「メタルギア ライジング リベンジェンス」の広告。 何箇所かに描かれているようですが、どれも町並みとマッチしてかなり格好いい。 海外の広告ってセンスあるなぁ。 続きを読む

始まったな・・・エヴァンゲリオン×アクアクララの人類補水計画

昨日23日から人類補完計画ならぬ人類補水計画が始まりました。エヴァデザインなウォーターサーバーが選べるというエヴァ×アクアクララのコラボ企画。

たしか「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の時はローソンとコラボして「にんにくラーメンチャーシューぬき」がありましたが、今回の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」はアクアクララでした。 続きを読む

最近ビビッときた7つのアート

Absolut Network: únete y participa en la red más creativa

続きを読む