微生物

微生物でパックマン

pacman

ステージの大きさが一片1mmという極小サイズのパックマン。主人公のパックマンは単細胞生物の繊毛虫。敵キャラは多細胞生物のミドリムシで、ミドリムシに食べられないように逃げまわるパックマンの姿が見えます。しかしミドリムシはお腹いっぱいみたいで、パックマンと出会っても結構スルーするというバグが。作成したのはノルウェーのマイクロナノシステム技術研究所で、生態パターンを研究する目的とのこと。 続きを読む

小さな世界と大きな世界

1

超新星や星雲、銀河などをティルトシフトにより微生物のように仕立てた『Illuminated Code From Space』。イタリアの写真家 Haari Teslaさんの作品です。人間を中心に観測される小さな世界と大きな世界。微生物の世界と宇宙の間に類似点があったりして不思議な気分になります。

『火の鳥 未来編』にもそんなシーンが登場しますが、個人的に好きなのはスタートレックTNGの第6話『宇宙の果てから来た男』で、 スタートレックの世界での最高速度ワープ10を超える方法を若きウェスリーが発見するんですが、その方法は思考のパワーだったという話。そもそも人の思考によって現実は構成されているという逆転の発想が衝撃的でした。 続きを読む