未来

クリアな空気感 スウェーデンSimon Stålenhag新作

top

以前も紹介したスウェーデンのコンセプトアート・デザイナーSimon Stålenhagさんの新作です。澄んだ空気感・透明感が綺麗です。 続きを読む

透明感がいいね!過去と未来を融合したイラスト

1

以前も紹介したSimon Stålenhagさんの新作です。

懐かしい80年代のアメリカっぽい日常風景+SFメカ。80年代のハリウッドSF映画、例えばバック・トゥ・ザ・フューチャーやロボコップとかありましたが、あの当時のロボットデザインって、やっぱり今見ると古臭い。一方Simonさんの描く機械はイマドキな感じで、その融合が目新しく感じます。 続きを読む

デザインがカッコいい!ロシアのトラム

1

先日公開されたロシアの路面電車『R1(RUSSIA ONE)』。R1って感じするわーというモダンなデザインで、2017年から実際に走るそうです。SF映画や近未来FPSにでてきそうでカッコイイ。コックピットや内装のデザインも公開されおり、UIやゲームのデザイン参考になりそうです。 続きを読む

2202年日本のコンセプトアート

1

2202年の日本を描いた『NEO JAPAN 2202』。マレーシアのJohnson Tingさんの作品です。まさに映画クオリティで見事。

200年後の日本ではテロが盛んに行われており、相当に治安が悪化している模様。警官はロボットになって凄い銃を携帯。すでに戦場であります。明るい未来ではない現実的な予想がリアルです。しかし琵琶湖には宇宙船と謎の惑星が。あと200年で宇宙船までいけるかな?できたらいいね。 続きを読む

未来のホログラフィックiPhoneはこうなる!

1

もしiPhoneにホログラフィックディスプレイが搭載されたら。Mike Koさんによるコンセプトムービーです。3DSのような立体視による表示ではなく実際に浮き上がって見えるホログラフィック。映画の世界ではお馴染みです。

3Dスクリーンのための幾つかの技術は既にAPPLEも特許申請しているようなので、夢物語ではないかもしれません。 続きを読む

ノスタルジックな透明感の近未来風イラスト

1

SF映画のコンセプトアートのようなイラスト。架空の乗り物や建造物が日常生活に溶け込んでおり、空気感や光の描き方に透明感があって綺麗です。スウェーデンのアーティストSimon Stålenhagさんの作品。

架空の装置が何なのか分かりませんがデザインに説得力があります。公式ページではディテールが見れるので、気になった方は要チェックです。 続きを読む

未来風エレベーター

NZクライストチャーチの美術館のエレベーター。近代的で真新しい建物だった。何気なくエレベーターを使ったら未来っぽい内装だったのでパチリ。

[撮影日時] 2007/05/17 10:51:15 [焦点距離] 17.0 mm [焦点距離(35mmフィルム換算)] 25.0 mm [シャッタースピード] 1/10 秒 [ISO感度] 400 [絞り] F2.8