錯覚

渦を15秒見てから下の画像を見ると

1

動いてるよ! 続きを読む

宇宙の鼓動

guru 1

渦巻きの中心を20秒間見てから星雲の写真に視点を移そう! 続きを読む

Robert Gonsalvesトリックアート

1

カナダ人アーティストRobert Gonsalvesさんによるトリックアート。2つの世界が融合していくようなテーマが多いので、中間地点の溶けこみ具合が見どころです。 続きを読む

目を回すネコ

1

カワイイw 続きを読む

その発想はなかった!なアート作品

1

こんな風景は見たことがないし、アート以外にはありえません。いかに既成概念を裏切るかといった種の作品。トルコ人アーティストMehmet Ali Uysalさんの作品『peel』です。見た瞬間の「なんだこれ?」から始まり、何を感じ考えるか。意味がないと思うかもしれないし、今の悩みを解決する糸口になるかもしれない。見たことのない物には秘めたるパワーがあります。 続きを読む

科学系の錯覚アーティストBrusspupの動画ベスト10

Brusspup

Brusspupは科学系の錯覚動画を作るアーティスト。今まで多くの動画が話題になりました。

特にこの2年間で拡散した動画が多いので一度は見たことがあるはず。そんなBrusspupの私的ベスト10をまとめてみました。どの動画も1~2分でまとまっています。

Amazing Water & Sound Experiment #2
最新作。ビデオの24fpsと同じ24Hzで水を振動させストロボ効果で水を止める。原理は驚愕映像!重力に逆らう不思議な水!が詳しいです。

続きを読む

目の錯覚画像を作るWEBサービスつくりました

eyehacker_logo

目の錯覚「錯視」画像を作るWEBサービス「アイハッカー」を公開しました。

たとえばこんな画像が作れます。下の画像は、10秒間の補色が続いた後に白黒画像が表示されます。補色(カラー)の時から中心の+をずっと見続けることで、白黒時に本当の色で着色されます。

leaf

アイハッカーでは現在50枚程の錯視画像が公開中です。 続きを読む

心の引き出しを増やす7つのデザイン

最近の例でいうとTwitterのロゴなども心理学が作用している好例です。新しいロゴはより形がシンプルになって、角度が変わっています。鳥が見上げるような形は、Twitterの持つポテンシャル・輝かしい未来を表しています。潜在的に記憶に残り忘れがたいロゴになりました。

【ロゴデザインの心理学】色と形がもたらす心理作用(ソシャマノート) – BLOGOS(ブロゴス)

最初のロゴだけだとダサく感じないのに比べてみると断然良くなってる。これ以上望めないと思ってからが勝負。

続きを読む