3D

紙を立体的に見せるイラスト

1

紙を破って立体的に見せるデンマークのイラストレーターHuskMitNavnさんの作品。 続きを読む

3Dカルビンとホッブス

1

英語教材にもなっているビル・ワターソンの漫画『カルビンとホッブス』が3Dに。漫画がそのまま3Dになっており、さらにブラウザ上でグリグリ動かせるので面白い。Gabriel de Laubierさんの作品です。 続きを読む

1枚の写真から3Dヘアスタイルを再現『AutoHair』

1

たった一枚の写真から3Dのヘアモデルを作り出すアルゴリズム『AutoHair』。Zhejiang大学のMenglei Chaiさんのプロジェクトです。余計な調整やチューニングはほぼ必要ないそうですが、その割にサンプルの再現度は素晴らしいです。写真から髪の流れや育成方向をディープ・ラーニングによって算出するそうです。

今まで人の手によって行われていた作業が、みるみるディープラーニングによって置き換えられていってます。3Dに限らず、今後IT業界を生きていくには、伸ばすスキルを吟味していく必要がありそうです。 続きを読む

映画シャイニングを3D化『Shining360』

top

キューブリックの名作『シャイニング』を写真測量(Photogrammetry)の技術を用いて3D化したClaire Hentschkerさんによるプロジェクト『Shining360』。360度動画としてYouTubeにアップされています。ブレードランナーのエンディングにもなった空撮のオープニングから始まり、最後はジャックとそっくりの支配人が写った写真のシーンで終わるので、映画と同じ時間軸で編集されているようです。

写真測量は複数枚の写真から3D情報を算出する技術ですが、Shining360では映画の秒間24コマをそのまま入力として三次元化したのだと思われます。数ある映画の中からシャイニングが選ばれたのは、ロケーションがホテルだけなので測量しやすかった。またステディカムが効果的に使われていたので、これも3D化に有利だったからだと思われます。同じくキューブリックの2001年でも面白そうです。 続きを読む

3Dファミコンエミュ

1

全てのファミコンソフトを3D化してしまうファミコン・エミュレータ『3DNes』。開発者はハノイ在住のTrần Vũ Trúcさん。表示が不安定ではあるものの見事に3D化しています。すごい。どうやらスプライトに奥行きを持たせたようです。一本のソフトに特化して最適化していったら凄い完成度になりそうだ。

Unityで開発されており、ブラウザで動作しますがFireFoxのみ対応とのこと。実際のファミコンゲームのRomは個々人が用意する必要があります、一応サンプルゲームが遊べます。 続きを読む

3Dモデルを音で表現する『geophone』

3

3Dモデルを音で表現する、Georgios Cherouvimさんによる実験的プロジェクト『geophone』。動画ではモデルを走査する赤い線がサウンドとして聞こえます。最初はドーナツ型からスタートするのですが、シンプルな形状なので音だけでもモデルが想像できそうです。しかしモデルは徐々に複雑化し、音もノイズのようになっていきます。

様々なモデルでサウンド化が行われていきますが、音が再生される前にL=x+y*0.75,R=z+y*0.75というような計算式が表示されます。その式を意識して映像と音声に集中すると、なんとなく立体が掴めそうな感覚がして新鮮です。 続きを読む

機械学習でこんなことも。高速流体シミュレーション

1

SIGGRAPH Asia 2015で発表された3DCG映像『Physics Forests』。液体や粉が本物っぽく動いていますが、このような映像そのものは特に目新しいものでもありません。この技術の注目点はそのアルゴリズムにあり、通常であればとても時間のかかる流体シミュレーションですが、機械学習の一種であるRegression Forests法を用いて高速化しリアルタイムで演算しているとのこと。機械学習の応用範囲ってとても広いんですね。 続きを読む

3D油彩シミュレータ

top

SIGGRAPH Asia 2015で発表された最新の3DCG映像。オハイオ大学で開発中の3Dで油彩をシミュレートする技術です。カンバスにはオイル特有の凹凸が見えますが、特に注目はリアルタイムの描画で筆の毛一本一本をシミュレート。色の混ざり具合も極めて自然で、筆を押さえつけた挙動も完璧です。

「ソフトウェアでシミュレートできる限界まで来ている」と感じる技術ですが、やはり油彩は筆へのフィードバックが欲しいし、そこはハードウェアの領域で技術的にも難しそう。ならば最初から本物でいいかな。という元も子もない回帰を考えてしまいました。 続きを読む

ブラウザで本格3DCGアプリ『WebGLStudio.js』

3

ブラウザから使える本格3DCGソフト『WebGLStudio.js』。.jsとついている事から分かりますがJavaScriptでMITライセンスのオープンソース。ネイティブアプリ並といってよい出来栄えで、今後開発が盛り上がっていったら凄い事になるかも。細かいモデリングは苦手かな? 続きを読む

ありそうでなかった3D変顔

top

地獄のミサワみたいな Lee Griggsさんによる3D変顔。ありそうでなかった気がします。 続きを読む