Android

世界一高価な自動巻きスマホ

top

世界で最も高価なスマホ『Chairman』。価格はUS$12,800〜ということで、今のレートだと150万円以上です。スイスの高級時計メーカーUlysse Nardin(ユリス・ナルダン)製で、背面にある自動巻きムーブメントでバッテリー充電もしてくれます。

発売は2010年ということでAndroidのバージョンも2.1。デジタルガジェットとしてのスペックは今や相当低くなってしまっており、公式HPを見ると現在は取り扱っていないようです。

高級腕時計と同じように、高級スマホも富裕層にはニーズがありそうですが、デジタル技術の進化は早すぎるため機能的な劣化も激しく、高級端末というのは難しいんでしょうね。 続きを読む

Cocos2d-xでiPhone&Androidアプリ開発記11 Androidのデバッグ

logcat

Cocos2d-xによるアプリの新作をほぼ作り終えました。開発はXCode主体で、EclipseはAndroidに対応させる為だけに使っていますが、iOSで動いてもAndroidは落ちることがよくあります。

そこでAndroidによるデバッグが必要になりますが、LogCatからソースの該当箇所を見つける方法と、あとEclipseのAndroid SDK Content Loaderが0%で止まる問題のFixも。 続きを読む

Cocos2d-xでiPhone&Androidアプリ開発記9 SQLiteの注意点

SQLite

Cocos2d-xからSQLiteを使うには、iOSとAndroidそれぞれにライブラリが用意されてはいますが、ソースを共通化するためSQLiteのソースから組み込む方法が良いようです。

ソースからコンパイルと言うと何やら大変そうですが、やってみると凄く簡単。.cと.hの2つのファイルをClassesに追加するだけ。環境依存とか起きないんですね。組み込んでしまえば、あとはいつもどおりSQL文をぶち込めます。

私はPHPでsqlite3のファイルを作成して、それを読み込み専用で組み込もうとしたんですが、iOSは問題なかったのですがAndroidでハマりました。 続きを読む

Cocos2d-xでiPhone&Androidアプリ開発記6 Android対応

1

Androidアプリ開発経験は全くない状態で始めたCocos2dx。ここまでの開発は使い慣れたXcode上で行ってきましたが、アプリも完成に近づき、いよいよAndroid対応のタイミングがきました。

AndroidはJavaとEclipseを使って開発する。といった最低限の知識からのスタートでしたが、cocos2dxのおかげで、比較的簡単にNexus7実機の動作まで持っていけました。

iPhoneシミュレーターのように、Androidにもシミュレーターがあったんですが、想像以上に激重で、MBAではOSが立ち上がってくるまで数分かかるレベル。マシンパワーがある環境なら別ですが、cocos2dx開発はXcodeで行ったほうがスムーズにいきそうです。

今回は全体の流れと自作アプリで必要だったAndroid対応の要所をまとめます。 続きを読む

iPhoneスクショメーカーにAndroidが加わりました

android_all

iPhoneのスクリーンショットにフレームを合成する「iPhone Screenshot Maker」にアンドロイド端末が加わりました。サイト名に反する勢力なわけなのですが、サイト公開時からたくさんのご要望を頂いておりました。

個人的にアンドロイドはあまり詳しくないので、端末のチョイスが需要を満たしているのか不安なところです。もし「アンドロイドならこの端末っしょ!」などありましたら教えてください。下は実際に合成したサンプル画像です。 続きを読む