CD

死ぬまでに聴いておきたい一枚

1982年に発売されたCDアルバムなんですが、久しぶりに聴いてみたら、やっぱり凄いんです。「もう誰もこれを超えられないのでは?」と思うような世界観で、良いものは輝きを失いません。ロキシー・ミュージック8枚目、彼らの最後のアルバムってことで気合の入り方も尋常じゃなく、ブライアン・フェリーの歌唱力も極まってます。それで何が凄いって空間の演出なんです。このアルバムはAvalonっていう仮想の世界を実際に音楽で築くことに成功してて、集中して聴けばそこに連れてってくれます。 続きを読む

本をばっさり売ってみて

alien

先日、所有してる本をばっさり処分した。処分といってもほとんどは近くの古本屋へ。Amazon買取サービスも利用した。全部で200冊位だったか数千円になった。また読むかもと思っていたが、ほぼ読み返した本はなかった。

読みたい本は次から次へと出てくるので、一度読んだら読み返すことは殆どない。という事に気づいたのだ。新しい情報を消化するのに手一杯。

PC関係の技術書にしても、しばらくは辞書のように肌身離さず。という状態になることもあるが、1年もすれば情報は古くなり最新情報をネットで探すことになる。よほど濃い本は売らずに残したけど。 続きを読む

CDを限界まで回したら

1

CDを限界まで回したらどうなるのか?というか限界ってどこだい?という気もしますが、CDプレイヤーの出力をどんどん上げて、回転数が23,000RPMに達するとCDは粉々に引きちぎれるようです。その瞬間をハイスピードカメラで捉えたSlow Mo Guysという2人組による実験。動画の2:10あたりで壊れます。

ちなみにハイスピードカメラはPhantom v2511というモデルで、170,000FPSで撮影されてるそうです。凄い数値ですが、それくらいないと瞬間を捉えられない気もします。ハイスピードカメラの進化も限界まで来てますね。 続きを読む

あのCDジャケットの裏側

1
Pink Floyd – The Dark Side Of The Moon

有名なCDジャケットの裏側を描いた『The Dark Side of the Covers』。FlickrユーザーのHarveztさんの作品です。アルバムやアーティストの特徴を掴んでおりニヤリとする出来栄えです。 続きを読む

ジャケ写みたいなニュージーランド『NZ like CD Jacket』

01_Cape Reinga
Cape Reinga

ニュージーランドの大自然をCDジャケットライクにまとめたシリーズ『NZ like CD Jacket』。作ってみました。NZには1年3ヶ月滞在しましたが、その間に撮りためた写真を、それぞれジャケ写みたいに今風のフィルターをかけてみました。エフェクトがなくても本当に美しい場所です。 続きを読む

ボブ・マーリィ、ドアーズ、マイケル、ジミヘンのCDを使って彼らを再現するアート

伝説のアーティストが残したCDを使って彼らの姿を再現しています。どうしてもモザイクっぽくなってしまうのに見ただけで何となく誰か分かってしまう。見事に再現されてます!

“THE WAY YOU MAKE ME FEEL”

ボブ・マーリィ Bob Marley
“IS THIS LOVE?”

続きを読む