DeepDream

ニューラル・ネットワークの美的感覚

1

2つの画像をニューラル・ネットワークを使って合成させるロシアのプロジェクト『Ostagram』。隅々まで配慮が行き届いた凄いクオリティで、まるでプロの画家が描いたようです。双方の特徴が見事にピックアップされています。

GoogleのDeepDreamも同じように画像から特徴を抽出しますが、出力される絵はまるで悪夢のようで、人間的な美的感覚が通用しない感じがありました。そこがまたAIっぽくもありましたが、Ostagramの出力結果は、質の良い作品が抽出されているとはいえ、美しさを感じます。

リンク元には60を超える作品が掲載されておりますが、どれも見事な出来栄えです。人が美しいと感じるものをAIが作り出せる未来。いずれ小説や映画もAIが作ったほうが面白いという時代がきそうです。 続きを読む

DeepDreamのハッピーな夢

1

バンドYears & Yearsの『Desire』のPVをDeepDreamにしたバージョン。Brian Harrisonさん作成です。通常DeepDreamを通した映像は、大量の目や顔が出現して、まるで悪夢のような映像になります。それはインパクトのある映像ではありますが、どこを見ればよいのか脳が混乱し、長くは見ていられない感じがします。

その点このPVは、見ていても(比較的)気持ち良い映像が集められているので、DeepDreamが稀に見るハッピーな夢かもしれません。 続きを読む

Google DeepDreamメイクのチュートリアル

top

アーティストJennifer CulpさんによるMillihelenの企画『Google DeepDreamメイクのチュートリアル』。どこに需要があるのか謎のHowToですが、この手順通りにやればDeepDreamに近づけます。

Google DeepDream』とはGoogleの悪夢画像作成プログラムで、これは元画像から様々な特徴を抽出して、それと似た画像を大量の素材から探しだし合成するディープラーニングで、出力画像には「目」や「動物の顔」が大量に出現するのが特徴です。 続きを読む