Kickstarter

LED21個が美しいサイコロ

top

TRPGとかで注目をあびそうなLED内蔵のサイコロ『LUMA DICE』。Kickstarterからのプロダクトです。6色のLEDが計21個ついています。すでに大手から販売されてそうなアイデアですが、ググってみると意外と存在しません。

性能としては、20秒動かさないと自動消灯。ボタン電池は交換可能。サイコロの一辺は19mm、重量は9.5gと見た目にしては軽いです。当然ですが重量バランスも考慮された設計で品質はよさ気ですね。US$36なり。 続きを読む

エミュ専用ミニアーケード筐体『Starforce PI』

1

コンパクトなゲーム筐体の中で動いているのはR-Typeとおもいきやパルスターか、ちょっとワクワクするマシンです。名前は『Starforce PI』。PIとついていることから分かりますが中身はRaspberry Piです。MAMEとか家庭用ゲーム機のエミュを動かします。ディスプレイは4.2inchの320×240TFT。

Raspberry Piは完全にパソコンなので、microSDやHDMI出力。USB端子、オーディオ出力等は一通り装備。別の言い方をすれば、コントローラーとディスプレイを装備したRaspberry Piケースとも言えます。筐体のデザインはかなりいいと思うので、あとは耐久性があったらマジで欲しいと思わせる出来です。11/15からキックスターターに登場するとのこと。気になる値段は$220USD。そんなもんかな。。。 続きを読む

モノとして魅力、水彩ロボットのデザイン

1

2013年にKickstarterで成功を収めた水彩ロボの組み立てキット。PCで手順を記録して何度でも再現してくれます。何に使えるか用途は難しいところだけど、キットとして完成度が高いなぁ。

シンプルで機能的なデザインがそのままでオシャレでモノとしての魅力がある。正直、水彩の自動化ロボってアイデア自体はビジネスとして厳しそうだけど、それを補って余りあるキットの出来って感じがする。刻印されてる組み立て手順とか、モーターの配置とか、かっこいい。 続きを読む

机や椅子になる本『Bookniture』

1

机や椅子に早変わりする本型の家具。その名も『BOOK x FURNITURE = BOOKNITURE』。Kickstarterにて購入できます。耐荷重も170kgと実用に問題はなさそう。とにかく場所を取らないので、一つ持っていたら便利かも。2つセット130ドルのプランが一番人気です。

続きを読む

ダンボールブロックの猫タワー

1

Kickstarterのプロジェクト。ダンボールのブロックタイプ『ねこタワー』。強度的にも工夫がされているみたいで、なかなか面白いかも。開発元はオランダのPoopy Catというブランドで、同じようにダンボールを使った、使い捨て猫トイレを販売されています。ニャンともいい感じかも。 続きを読む

立ったままデスクワークに、ダンボール製スタンディング・デスク

1

ダンボール製のスタンディング・デスク。デスクワークも立ったまましたほうが座りっぱなしより体に良い、と言われていますが、専用の机を用意するのは大変です。でも、これなら気分によって手軽に組み立てられるので良さそうですね。Kickstarterにて180NZDもしくは140USD。セカンドデスクに欲しいなあ。 続きを読む