Ostagram

Vagrantでニューラル・ネットワークの画像合成環境を構築

top

上の写真のように、ニューラル・ネットワークで2つの画像を合成する環境をVagrant上に構築します。WEBサービスのOstagramと同じ機能です。

2つの素材から実用に耐える素材を作り出す力があるので、すでに実用域の技術になってきている気がします。人の輪郭が波で自然に縁取られているのを見ると、単純に合成しているわけではないのが分かります。

最終的に動かしたいプログラムはgitに公開されているneural-styleです。もしNVIDIAのGPUがあれば、CUDA(クーダ)というライブラリを導入することで高速化できるようですが、私の環境はMac mini Late 2012なので地獄のCPU演算で。 続きを読む

ニューラル・ネットワークの美的感覚

1

2つの画像をニューラル・ネットワークを使って合成させるロシアのプロジェクト『Ostagram』。隅々まで配慮が行き届いた凄いクオリティで、まるでプロの画家が描いたようです。双方の特徴が見事にピックアップされています。

GoogleのDeepDreamも同じように画像から特徴を抽出しますが、出力される絵はまるで悪夢のようで、人間的な美的感覚が通用しない感じがありました。そこがまたAIっぽくもありましたが、Ostagramの出力結果は、質の良い作品が抽出されているとはいえ、美しさを感じます。

リンク元には60を超える作品が掲載されておりますが、どれも見事な出来栄えです。人が美しいと感じるものをAIが作り出せる未来。いずれ小説や映画もAIが作ったほうが面白いという時代がきそうです。 続きを読む