Raspberry Pi

スーファミが動くゲームボーイ

gb

ファミコンとゲームボーイ、スーパーファミコンが動作するゲームボーイ型Linxu端末『Game Boy Zero』。Raspberry Piをゲームボーイのケースに収めたハンドメイド作品ですが、当時のゲーマーならワクワクしますね。wermyさん作。

作り方も詳しく公表されており、液晶の型番から何からすべて公開されているので、やる気次第で自作もできます。XYボタンやLRボタンもしっかり追加されており、バッテリー充電のためのUSB、HDMI出力も装備しています。レトロゲームで遊ぶより、このマシンの設計や工作の方が楽しそうだ。

エミュレータはEmulation Stationというエミュのフロントエンドで制御しているようで、ということはメガドラやプレステだって動きそう。PSPでエミュを動かすのとは一味ちがった楽しさですね。 続きを読む

DIY魔法の鏡

1

鏡にHDMIディスプレイとラズパイを仕込んで魔法の鏡を作るDIY。時計や天気といった情報と共に「You look especially amazing today.」とか言われてます。カメラモジュールで服とか表情を認識させたら面白そう。

鏡には窓用マジックミラーフィルムをディスプレイに張っているんですね。500円のラズパイも登場したしディスプレイも安くなったので、全体のコストも安そうです。作ってみたい。 続きを読む

エミュ専用ミニアーケード筐体『Starforce PI』

1

コンパクトなゲーム筐体の中で動いているのはR-Typeとおもいきやパルスターか、ちょっとワクワクするマシンです。名前は『Starforce PI』。PIとついていることから分かりますが中身はRaspberry Piです。MAMEとか家庭用ゲーム機のエミュを動かします。ディスプレイは4.2inchの320×240TFT。

Raspberry Piは完全にパソコンなので、microSDやHDMI出力。USB端子、オーディオ出力等は一通り装備。別の言い方をすれば、コントローラーとディスプレイを装備したRaspberry Piケースとも言えます。筐体のデザインはかなりいいと思うので、あとは耐久性があったらマジで欲しいと思わせる出来です。11/15からキックスターターに登場するとのこと。気になる値段は$220USD。そんなもんかな。。。 続きを読む

8歳から作れる99ドルPC『Kano』

1

誰でも作れるのが売りのパソコンキット『Kano』。『Raspberry Pi』をメインに据えて、タッチパッド付きキーボードや無線LAN、ケーブル類などが全てセットになっています。あとはHDMI端子を備えたテレビさえあればLinuxパソコンの出来上がり。キックスターターにて99ドルで購入できます。 続きを読む

初代Macの実働1/3レプリカ

1

初代Macを1/3サイズで再現。しかも動きます。1台だけのハンドメイドなので販売はしていませんが、メールの着信お知らせとかリマインダーで飾ってたら格好いいかも。ちょっと作りたい欲求が沸いてきました。 続きを読む