1930年代の電気安全ガイド

1

1931年にオーストリアのStefan Jellinekによって描かれた電気の安全ガイド。現代は家庭内で感電するような事態は稀ですが、当時の人々は電気そのものに対する知識も貧しいはずで、さらに家電の安全基準も低かったようですね。文字がなくても直感的に理解できるこのイラストは、多くの人を感電から守ったのではないでしょうか。

 

2

 

3

 

4

 

5

 

6

 

7

 

8

 

9

 

a

 

b

 

c

 

d

 

e

 

f

g

 

h

 

i

 

A Helpful 1930’s Guide On How To Avoid Electrocuting Yourself

 

広告