とうとうマカーになっちゃった

MacBook Air買っちゃいました。やほーい。((o(´∀`)o))

デザインやってる人にはマック愛用者が多い。Windows3.1が出る前からグラフィックに強かったという歴史的な理由もあるが、アップル製品には常にプロダクトとしての魅力がある。加えて近年は値段も安くなってて売れない理由がない。

それでもWindowsを使ってきたのは、Windowsのマニア要素を好んでいるから。でもiPhoneアプリ開発の為に、とうとう買ってしまいました。なにこれ!カッコイイ~!

MacBook Airに至るまで

iPhoneアプリ開発のためのMac導入ということで、最初はMac miniを候補に。スペックは一番下のもので良いと決めていました。

メインPCではないし、そもそも開発にスペックは必要ない。一番安いMac miniが45,000円くらい。モニタとキーボード&マウスは今Windowsで使ってるのと切り替えて使えば良いかな。いう発想。

切替器は大体3千円くらいで、一組のマウスとキーボードを2つのパソコンで共用する。しかし購入の最終確認をポチする瞬間に、MacBook Airはいくらで買えるかチェックしてみた。

すると7万円くらいで買える。。。2万円の違いならノートの方が使い道が多いかな・・・

Airで開発はキツイ

MacBookはAirとProのラインナップ。外出メインのAirとスペック重視のProみたいなイメージ。以前から手軽に持ち歩けるAirが欲しかったので丁度いいなという感じ。

しかし小さな画面で開発は結構厳しい。開発にはスペックよりも画面サイズやインターフェイスが大事。少しでも大きな画面となると13インチAirか。。。いや正直13インチでも開発はキツイな。開発用途なら最低15インチ以上のProになり手軽に持ち歩けなくなる。何かいい解決法はないか・・・

クラムシェルモードが決定打

打開策として、Airに外部ディスプレイとキーボード&マウスを繋げばいいんじゃね?という方向で調べてみる。すると、クラムシェルモードという名前で、まったく望通りの機能が装備されている事を知る。

ディスプレイを閉じれば Air を Mac mini のようなデスクトップに見なすことができるモード。

いいんじゃない?Airで決定?一応、ディスプレイとキーボード&マウスの繋ぎ方を調べておく。まずはディスプレイと繋ぐにはどうすればよいか。

Thunderbolt → HDMI

ディスプレイ接続方法はAirに搭載されている新しい規格 Thunderbolt からHDMIを出力するようだ。評判のよい製品として、

を発見。変換器とHDMIケーブルが最初から繋がっており、別途HDMIケーブルを購入する必要がないのでコストパフォーマンスに優れた商品だ。MiniDisplayPort は Thunderboltと完全互換とのことで、名称は違っているが問題ない。

懸念要素は、HDMIは規格上1080pまでの信号までしか対応しておらず、使っているディスプレイ MDT241WG の解像度である WUXGA(1920×1200ピクセル)は表示できない可能性がある。

リサーチしてみると、ほとんどのWUXGAディスプレイは規格外でも HDMI での WUXGA入力を受けつけるとか、HDMI を DVI-D に変換したらOKだったなどの情報を発見。

どっちみちディスプレイの DVI-Dポートは既に埋まっている。つまり HDMI での入力以外の選択肢はないので、リサーチはやめて HDMI で WUXGA が表示できるのに賭けることにした。

Synergyでキーボード&マウスを共用

次はキーボード&マウス。切替器で対応すれば良いが、もっとスマートに解決したい。きっとネットワーク経由で共用できるはずだと調べてみると「Synergy」というソフトがありました。→複数の PC を手元で操作 「Synergy」を使おう!

これを使えば電源とディスプレイだけが有線となり配線がスマートだ。

Mac mini なら Synergy だけの運用は心もとないので切替器を導入しただろうが、Airはインターフェイスが標準装備されているから Synergy での運用も安心だ。

つまり、Air なら Mac mini よりもスマートな配線が実現できるわけだ。

Airきた~(・∀・) さっそくクラムシェルモードに突入

ピンポーンと荷物が届き早速開封。マック製品の梱包はかっちょいいなぁ。

ノート単体でサクッとセットアップ。一切トラブルなく設定は終了。いよいよクラムシェルモード運用へ。→MacBook Proがデスクトップ機になる? 「クラムシェルモード」の使い方

まずはディスプレイ設定で MDT241WG を認識させる。懸念していた HDMI での WUXGA は大丈夫だった!問題なく WUXGA を受け付けてくれた。音もHDMI経由でディスプレイのスピーカーから出力される。

次いで Windows にSynergy、Mac には SynergyKM をインストール。こちらも問題なく設定完了。おお!Windows から Mac へカーソルが移動する!感動です。マルチディスプレイ状態からディスプレイを閉じてクラムシェルモードに突入~!完全にデスクトップの使用感となりました。

今後の課題

ThinkPadキーボードを Synergy経由で Mac で使用する場合、ThinkPadキーボードの要であるセンターボタンでスクロールができない。この解決が今後の課題。

Macに KeyRemap4MacBook というキー配列リマッパーを導入してみたが、どうやらSynergy経由ではリマップできないみたい。そもそも SynergyサーバーであるWindowsからセンターボタンの信号が出ていない可能性もありそう。

あと、この運用スタイルだとMacだけを使う時でも Windows を起動させておく必要がある。もしMacばかり使うようになったら、結局は切替器を導入することになるかも。

 

広告